自作VST オクターバー作り - akitのギター部屋

自作VST オクターバー作り


SynthEditで作る

ずっと作りたかったオクターバーがある程度出来ました。

ほぼ9割は出来ています。

あとは微調整だけです。

結局は、上下2オクターブずつと、DRY音が出ることになりました。

で、それぞれ5パートをボリュームコントロール出来て、それぞれスイッチでオン、オフ出来るようにしました。

あとオクターブ音だけのマスタートーンと5パートを集めたマスターボリュームを付けました。

音色は5パート全部をONにするとオルガンぽくなります。

オクターバーというのは、基本的に発音が不安定だと思いますが、これは単音で弾くとある程度、反応良く弾けます。

TONEを全開にするとヒステリックにもなります。

DRY音は、わざとオクターブ音よりも音量が大きくなるようにクリーンなまま増幅しています。

オクターブ音は、オクターブ回路に入るまでは基本的にFUZZ回路なので、ファズっぽく歪んでいます。

見た目は、見やすく扱いやすい状態にして、テーマは鉄板とカーボンと木材で古臭さと現代的な感じをまぜてみました。

オクターバーの名前は、

上下2オクターブついてるオクターバーは、あまり見たことが無いということで、

octMASTER(仮)と名付けました。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/93-7828fae2