父親が軽い脳梗塞で入院。 - akitのギター部屋

父親が軽い脳梗塞で入院。

父親が軽い脳梗塞で入院。


書こうか書かないでおこうか迷ったんですが、

記録として書いておきます。


父親が軽い脳梗塞で入院しました。

現在66歳です。


自分は2階にいるんですが

今日の朝5時頃、1階から父親の

いつもじゃない感じのしゃべりかた、ボリュームで

なんか喋ってるな、うるさいなと思っていました。

5時の喋り方じゃないなと思っていました。


そういえば父親は自分の寝室でいつもは眠ってるんですが、

めずらしく、

昨日、今日は自分の部屋の下で母親と

同じ部屋で眠っていました。


なんか体が変だと気づいてたんでしょうか。

これは聞いてみないとわからないです。


あとから母親から聞いたら病院に行こうかどうかで

言い合ってたみたいです。


その後、病院に連れて言ったみたいで

妹からスマホに電話がかかってきました。

脳梗塞で検査中という電話でした。


脳梗塞?


確かに普段の怒りっぽいしゃべりかた。

無駄に頑固な感じ。

常に焦ってる感じ。

自信がない感じ。

肥満。

60歳ぐらいまでは、思いきりタバコを吸ってた。

60歳あたりまで毎日のように酒を飲んでた。

と、脳梗塞になりそうな要素はいっぱいあるなと

前から思っていました。


それを指摘したところで、

父親は人の話を聴くような人ではないので、

いつかは脳梗塞になるだろうなと

なんとなくは、思っていました。


でも実際、脳梗塞だといわれると

体が震えてきて、眠れないし、

めしもあまり食べれない状態で不安になりました。


これからどうなるのか不安で仕様がないです。


今は軽い脳梗塞だと分かりましたが、

脳梗塞で入院と聞いたときは、程度がわからなかったので、

変な汗をかきました。


ことば自体は普通にしゃべれるみたいです。

ただ、体が動かしづらいとか、

麻痺っぽい状態で

足を引きずる症状はあるみたいです。


小さい脳梗塞が何個かあるみたいです。


あとから聞いてみたら、おととい?

夫婦で店に買い物に行った時に

足を引きずってるなとか、

ご飯を食べてる時に左手を使わないとか

あぐらをちゃんとかかないとか、

兆候はあったみたいです。


自分でも思い返してみれば、

おととい父親と軽い言い争いになった時に

ちょっと言葉が出づらいな、もつれてるなと

ちょっと思っていました。


今は点滴で様子をみてる状態です。

入院中です。


脳梗塞のことをインターネット上で調べたら、

脳梗塞になったら、誤燕性肺炎に気をつけろ!

と書いてありました。


体が動かしづらいということで

いつもの感じで食べて、気管に間違って食べ物が入って

吐き出せなくなって、肺炎になって、

亡くなる人が多いそうです。


そこだけは気をつけてもらいたいです。


どうなるんだろうか?




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/918-b2519b4b