自作VST 鉄板REV.st SynthEdit - akitのギター部屋

自作VST 鉄板REV.st SynthEdit


SynthEditで自作したVSTエフェクター

鉄板REV.stを紹介します。

ステレオでリバーブの左右の定位位置を操作できる物が欲しいと思って作りました。

回路の流れは、
ステレオなので左右1つずつで2系統作ります。

リバーブの低域のだぶつきを取るためにハイパスフィルターを通して、Delay2モジュールでフィードバックは、ほとんど無しの状態で次のリバーブモジュールに繋ぐために初期反射用プリディレイを作ります。

リバーブモジュールはダウンロードしたUD-Reverbを使いました。このモジュールは、ステレオなので、作りやすいです。

リバーブモジュールの次は、stereo panに入って定位をいじれます。

原音は入力のハイパスを通る前にステレオで別系統になっています。この原音を音量を2倍にするためMultiplyに通して2倍にして、ボリュームを付けています。

原音、リバーブ音を分けているので原音のみ、リバーブ音のみにボリューム設定出来て、リバーブの拡がりをモノラルからステレオ、定位の操作、リバーブ音のローカット、ハイカットなども出来ます。

実際の音色は、ちょっと固めかなと思いました。鉄板リバーブを意識してたので問題無いですが、次にリバーブを作る時は、音をなまらせるためにサチュレーター的な物を加えたいなと思いました。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/57-8e40e8ce