MXR Custom Badass '78 Distortionの回路図らしき物 - akitのギター部屋

MXR Custom Badass '78 Distortionの回路図らしき物

MXR Custom Badass '78 Distortionの回路図らしき物



外国のサイトで

MXR Custom Badass '78 Distortionの回路図らしきものを

見つけました。

3ページあたりからラフスケッチがあって、

4ページ目にきっちりした回路図らしき物があります。

MXR Custom Badass '78 Distortionの回路図?


この回路図を見ると3ヵ所ぐらい特徴的な所があります。

素人なので間違ってるかもしれませんが書きます。



この回路図を鵜呑みにすると、

まず、入力から、多分バッファ回路、出力側にも似たような物があります。

低域をカットしながら音量を増幅。


その後、ひずみを作るエリアに行って、

シリコンダイオードと発光LEDダイオード?が、プラスマイナス共に連結されて

アースされてます。



その連結の途中で分岐されて更にシリコンダイオードがプラスマイナス共に

アースされています。

この分岐された方にスイッチが付いていて、

これが、CRUNCHスイッチになっています。特徴的です。


このスイッチを入れると高域の歪みが強くなり、

更に音量が少し上がる感じになります。

(YouTubeの動画を色々視聴した印象です。)



その後、トーン回路、OUTPUTボリューム回路を通って

バッファ回路?に行きます。


この後が、また特徴的でプラスかマイナスか解りませんが、

片方だけシリコンダイオードでクリップ?させてます。


大体こんな感じです。


YouTubeから受ける音の印象は、

ギターアンプをクリーンに設定した状態で、

MXR Custom Badass '78 Distortionのスイッチを入れると、

高域が強めで、結構歪んでいる印象です。


これらのイメージを取り入れて

MXR Custom Badass '78 Distortionっぽい物を

SynthEditで作ってみようかなと思っています。



MXR Custom Badass '78の最安値を見る






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/554-9ec59b7c