エレキギターなどのネジ穴がゆるくなった時の解決方法 - akitのギター部屋

エレキギターなどのネジ穴がゆるくなった時の解決方法

エレキギターなどのネジ穴がゆるくなった時の解決方法


自分がやってる方法を書きます。

同じエレキギターを15年以上も弾いてくると、

ネックの取り付け部分のボルトオンのネジ穴、

ギターストラップを付ける所のネジ穴、

ギターケーブルを突き刺す所のネジ穴など、

木材が馬鹿になってゆるゆるになってきます。


使うものは、焼き鳥などを食べたあとの竹串、

木工用ボンド、カッターナイフです。


この時のために竹串を洗ってとっておきます。

竹串は断面が丸型よりは角型の方が良いと思います。


ゆるくなったネジ穴の長さを竹串などで測ります。

ネジ穴の長さをより長めに切って、

竹串をカッターナイフで0.5mmから1mmの厚さにに削ります。


その削った竹串をネジ穴に3本突き刺してみます。

ネジ穴から、はみ出た部分をカットします。


3本の削った竹串に木工用ボンドを付けてネジ穴にさします。

その3本の竹串の真ん中にネジで固定します。

これで緩みなくキッチリ止まると思います。


この方法は、ドアノブの金具のネジ穴がゆるくなった時にも使えます。

実際自分でやってます。






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/548-7a94c328