GrassRoots G-SN-60M Amber エレキギター グラスルーツ スナッパー - akitのギター部屋

GrassRoots G-SN-60M Amber エレキギター グラスルーツ スナッパー

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

GrassRoots G-SN-60M Amber エレキギター グラスルーツ スナッパー






自分が見た目的にも性能的にも金銭的にも

現実的には、今買うとすれば、これを選ぶと思います。

アイバニーズにも近い感覚のエレキギターがありますが、

GrassRoots G-SN-60Mを選ぶと思います。


24フレットで、フロイドローズのダブルロック式、

ピックアップが、HSH。

見た目的にも、とんがってるわけでも奇抜でもなく、

家具調で、

値段的にも安すぎず、高すぎずで、

フレットボードもメイプル指板で良いと思います。


買ったとしたら

今使ってるエレキギターと同じような改造をすると思います。

改造ギターの土台としては、充分です。

値段が高い訳じゃないので気分的にも改造しやすいです。


まず、指板を彫刻刀、ヤスリなどでスキャロップ加工して、

フロイドローズを2点支持ではなく、もう1点付け足して、

3点支持にして安定させて、アームダウンしかしないようにします。

出来ることなら、ギターペグが6連になってる所を

4連対2連にして、ギターヘッドをコンパクトにします。


ヴォリュームもテレキャスターのように音量を絞った時

音色がパリパリになるようにハイパスコンデンサーを付けます。



24フレットを選ぶ理由は、単純に1弦で2オクターブで解りやすいからです。


ダブルロック式を選ぶ理由は、経済的だからです。



エレキギターの弦が切れるとき、大体ブリッジ側で切れます。

弦を張るとき、ギターペグ側から張って、15~20cmほど余裕を持たせて

ブリッジ側に弦を張ります。巻きます。

こうやることによって、ブリッジ側で弦が切れた時、

ペグに余分に巻いてた弦をのばしてきて、ブリッジ側に張ります。

この方法だと、弦の維持費があまりかからないです。

経済的です。

この方法は、ギター雑誌とかには、載らないと思います。

弦が売れなくなると困るので。


GrassRoots G-SN-60M Amber エレキギター グラスルーツ スナッパー

良いと思います。

2012.11.11記事更新
この記事は、元々2011年の夏ごろに書いた記事です。



楽天でGrassRoots G-SN-60Mの取扱店と最安値を見る

amazonでGrassRoots G-SN-60Mの価格を見る


↓自分で作ったブログです。
24フレットフロイドローズの気になるギターブログ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/516-7b5e4653