akiT-Wah 自作VST 回路の流れ SynthEdit - akitのギター部屋

akiT-Wah 自作VST 回路の流れ SynthEdit



akiT-Wah 自作VST 回路の流れ SynthEdit


SynthEditで作ったタッチワウ、オートワウの

akiT-Wahの回路の流れを書いて行きます。


大雑把な流れは、思い切り入力でローカットして2手に別れて、

ギター音とバンドパスフィルターの周波数を

コントロールする信号にしてピークフォロワーでCut周波数をコントロールします。


バンドパスフィルターのインプットにギター音入力で、

そのあとTONEなどで音色を微調整して出力する感じです。


詳しく書きます。


まず、入力から1Pole HPを5つ直列に繋ぎます。

最初の4つはプロパティーでピッチを4にします。1V/Octです。

他も基本は1V/Octです。

5つ目のHPのPitchにControlsからKnobをつなぎます。

Locutのつまみになります。Automationで範囲をHi8、Lo2にします。


HPのOutputから2手に分かれます。

まず、1つギター音の増幅用でHPのアウトプットから

MathからMultiplyのインプット1に繋ぎます。

インプット2にModifiersのVCAとKnobを繋ぎます。

VCAのボリュームが14でレスポンスカーブがライナーです。

ノブのオートメーションは、Hi10、Lo0です。音量が増幅されます。

このつまみがMasterになります。


Multiplyのアウトプットをダウンロードした

BiquadpackのバンドパスBPのインプットに繋ぎます。

もう一方のバンドパスの周波数をコントロールする側にいきます。


HPのアウトプットからMultiplyのインプット1に入ります。

インプット2にVCAとKnobつまみを繋ぎます。

VCAのボリューム10でレスポンスカーブがExpです。

つまみのオートメーションはHi10、Lo0でSENSEになります。


MultiplyのアウトプットからEffectsのClipperのシグナルインに繋ぎます。

ハイリミットが10で、ローリミットが-10にして、過大入力を防ぎます。

クリッパーのシグナルアウトからModifiersのPeak Followerを繋ぎます。

ピークフォロワーでコントロール電圧にします。


AttackとDecayにコントロールズのFixed Valuesをつないで、

アタックが1、ディケイ6.5に設定します。

ピークフォロワーのシグナルアウトからClipperのシグナルインに繋ぎます。

シグナルインにつまみを繋ぎます。これがmanualになります。

オートメーションでHi8、Lo0です。手動で中心周波数をコントロール出来ます。


クリッパーのHi Limitにつまみを付けます。Lo Limitは0です。

これはHistopのつまみでタッチワウの周波数の上限を調整出来ます。

オートメーションでHi8、Lo6です。


クリッパーのシグナルアウトからバンドパスフィルターのCutに繋ぎます。

バンドワイズにつまみを繋ぎます。これがResonanceになります。

音の尖り具合をコントロール出来ます。Gainは1でModeはC0PKです。


バンドパスフィルターのCutにローフリーケンシーオシレーターを付けて周波数を揺らしてやります。

EffectsのWavefomeのLFOを置きます。ピッチにつまみを付けます。

これはSpeedで周波数を揺らす早さをコントロール出来ます。

オートメーションでHi1、Lo-7です。


LFOのオーディオアウトからVCAのシグナルに繋ぎます。

VCAのボリュームにつまみを付けます。

これはDepthになって揺らす電圧の強さをコントロール出来ます。

VCAのアウトプットからバンドパスフィルターのCutに繋ぎます。


実際はLFOのオンオフスイッチがつきますが省略します。


バンドパスフィルターのアウトプットから2つに分かれます。

ひとつは、1Pole LPを繋げます。ピッチにつまみを繋げます。

オートメーションでHi10、Lo0です。TONEになります。

ハイカットのコントロールです。


もう一方は、Multiplyのインプット1につないでインプット2につまみを繋ぎます。

アウトプットからLPに繋ぎます。ピッチが4で低周波を取り出します。

つまみはBass Boostになります。オートメーションでHi10、Lo1です。

2つのLPのアウトプットをまとめて1Pole HPのシグナルに入力します。

ピッチが4です。HPのアウトプットからそのまま出力で終わりです。


流れを見てもらうとわかると思いますが相当ローカットされています。

細かいところのぼんやり点くLEDとかオンオフスイッチは

このブログのカテゴリSynthEdit基礎に何となく書いています。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/410-89c2e350