SynthEditで自作タッチワウ、オートワウVST完成 - akitのギター部屋

SynthEditで自作タッチワウ、オートワウVST完成



SynthEditで自作タッチワウ、オートワウVST完成


SynthEditで作ってた自作タッチワウ、オートワウVSTが完成しました。

結局つまみを更に2つ追加しました。


1つはBassBoostで、出力あたりで分岐点を作って低音域をブーストして、

エレキベースにも使えるようにしました。


もうひとつは、バンドパスフィルターのCut周波数を手動で

いじれるようにmanualのつまみを付けました。


マニュアルのつまみを付けることによって、

ワウのかかる中心周波数帯域をコントロール出来ます。


タッチワウ、LFOのコントロール電圧に電圧を更に追加するイメージです。


あと、タッチワウのSENSEを0にしてMasterを上げて、

マニュアルを調整するとミッドブースターにもなります。


独特な癖のあるエフェクターになったと思います。


あとから回路の流れを書きます。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

お久しぶりです。

この間、相互リンクをさせて頂いたPlunkerです。
質問なのですが、このようなエフェクターなどのVSTはどのようにして自作しているのでしょうか。
少し気になったので教えて頂けると嬉しいです。

2011-05-22 18:16 | from Plunker | Edit

VSTの作り方

Plunkerさん、こんにちは、こんばんは。
自作VSTの作り方ですが中身の回路は、このブログ内のカテゴリーの
SynthEdit基礎、制作をみてもらえるとある程度わかってもらえると思います。見た目作りは、フリーソフトのSkinMan、KnobManを使って、見た目の微調整で、フリーソフトのJTrimを使ったりしています。

2011-05-23 00:27 | from akit1974

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/403-a918b1eb