YAMAHA FX770 リチウム電池交換 - akitのギター部屋

YAMAHA FX770 リチウム電池交換




YAMAHA FX770 リチウム電池交換


FX770は、BANDやろうぜという雑誌の中のYAMAHAとの

合同企画のコンテストで、

1996年にベストコピー賞をもらって手に入れた賞品です。

当時22歳、送った時21歳。

当時イングヴェイのネバーダイを弾いて、この賞をもらいました。


ZOOM9000というマルチエフェクターを使って、バッキングギター、

ベース、ギターソロ、メロディーラインなど、ドラム以外を

ピッチシフター、タッチワウなどを使って

全部エレキギターだけで弾いたと思います。


デモテープを送って初めての賞品です。

当時は、本当に送られてきたので、うれしくて足が震えたのを

覚えています。


これを自分で買えたかといわれると、

当時の定価65000円なので高くて買えなかったです。思い切り使い倒しました。

YAMAHAのアナログMTRの販売を普及させるための

企画だったような気がします。


1996年というと家庭内にデジタル機材が少しずつ入り込んできた

アナログとデジタルの変換期だと思います。

このあたりにローランドの比較的安価な

VSシリーズのデジタルMTRが発売されてきたりして、

アナログ機材の良さを知るためにYAMAHAが企画したんだと思います。

そんな時期です。


長い間使ってなかったので、電源を入れると

WARNING LOW BATTERYと表示されます。

リチウム電池の交換をすることにしました。


電池は、CR-2032です。

直径20mmの厚さ3.2mmで2032です。


インターネット上で、情報がないかと調べたら

詳しく書かれたブログがありました。


そこに書かれていたのは、電源を入れっぱなしで電池交換すると、

ユーザーのプログラムが保存されたまま、電池交換が出来る。


が、電池交換してもWARNING LOW BATTERYと表示されたままで

これは、マイコンのエラーで、これを解消するためには、

COMPとPLAYを押しながら電源を入れるとデータはリセットされるが、

WARNING LOW BATTERYの表示が消えて普通に使えるようになる。


というものでした。


このブログに書かれたそのままの状態になりました。


リセットしてWARNING LOW BATTERYが消えました。

ユーザーのプログラムも消えました。


設定し直します。実際使うのは、3種類ぐらいなので、

データが消えてしまっても大したことないです。


FX770の電池交換ブログ



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/401-3c2a361d