SynthEditでタッチワウに機能追加 - akitのギター部屋

SynthEditでタッチワウに機能追加



SynthEditでタッチワウに機能追加


SynthEditで作ってる自作タッチワウVSTに機能を追加しました。


バンドパスフィルターの周波数Cutコントロールするところに

LFOローフリーケンシーオシレーター低周波発信回路を追加して、

周波数を揺らすようにしました。depthとspeedでコントロール出来ます。


LFOは、スイッチでオンオフ出来ます。


タッチワウを生かしたままで、LFOの効果が付いているので

一般的なオートワウとは、ちょっと仕組みが違って独特です。


つまみをいじると、フェイザー、トレモロエフェクターのような感じになります。


あと、ノブの画像の枚数を50枚から51枚にして、

しっかりセンターに設定出来るようにしました。


次は、ボディGUIとLEDライト、スイッチなどを作っていきます。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/397-fdcf2095