aviutlで白黒映像昔風モノクロ単色化 - akitのギター部屋

aviutlで白黒映像昔風モノクロ単色化




aviutlで白黒映像昔風モノクロ単色化


aviutlでは、昔の写真、テレビのように色を抜くことが出来ます。

白黒映像です。

白黒と書きましたが、実際には、

黄色、赤、青、緑など何色にも染められます。



aviutlを起動します。

拡張編集ウインドウが表示されるので、

Layerに画像jpg、映像aviなどを置きます。


画像ファイルウインドウ、動画ファイルウインドウなどが表示されます。

画像などの表示をコントロールするものです。


Layerに置いたものをダブルクリックすると

画像ファイルウインドウなどが表示されたり消えたりします。

メインウインドウをダブルクリックしても同じ状態になります。



画像ファイルウインドウなどの右上の+ボタンをクリックして、

単色化を選びます。

強さというボタンが表示されます。

左右のスライダーをいじるとカラーの状態から白黒まで変化します。


強さボタンをクリックして変化の仕方を設定して

左右のスライダーを設定すると時間経過によってカラーの状態から

白黒に変化させることも出来ます。その逆も出来ます。


表示される映像は、このままだと綺麗すぎるので実際は、

ノイズをまぜたりして使います。

ノイズの説明は後にします。


追記
白黒、セピア色といえばこんな感じのことも出来ます。




突然ですが
aviutlで白黒映像昔風モノクロ単色化が
気になってるということは、

多分、自分と同じように
YouTube動画とかもやってる人だと思います。

YouTube動画で自分で使ってる商品紹介して、
無料ブログにその動画を貼り付けて
商品紹介をすれば………!

説得力が増すと思います。

自分もやっています。
インターネット設備さえあれば、
YouTubeと同じように無料で始められます。

興味のある方は
こちらから




A8.net



関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/362-15e71a90