aviutlで画像の表示範囲を狭める設定クリッピング - akitのギター部屋

aviutlで画像の表示範囲を狭める設定クリッピング

aviutlで画像の表示範囲を狭める設定クリッピング




aviutlで画像の表示範囲を狭める設定クリッピングをやります。

画像の4つの辺を切り取る感じです。


aviutlを起動します。

拡張編集ウインドウを表示させます。

Layerに画像を置きます。画像を置くと、

画像ファイル標準描画ウインドウが表示されます。

これは画像をコントロールするものです。


Layerに置いた画像かメインウインドウに表示された画像をダブルクリックで

画像ファイル標準描画ウインドウが表示されたり消えたりします。



この画像ファイル標準描画ウインドウの右上の

+ボタンをクリックしてクリッピングを選びます。


そうすると画像の上下左右を狭めるスライダーが表示されます。

このつまみで表示範囲を調整してみてください。



もうひとつクリッピングする方法があります。

+ボタンをクリックして斜めクリッピングを選びます。


斜めクリッピングの方は、名前通り斜めに画像の表示範囲を狭めるものです。

狭めて更に狭めたところをぼかすことも出来ます。


これらの表示範囲の設定は時間経過で徐々にゆっくり範囲を狭めていくことも出来ます。


クリッピングだったら上下左右4つのボタンが真ん中に表示されますが、

それぞれをクリックして変化の仕方を決めて、その左右のスライダーで、

その画像の最初と最後の値を決めます。


今回は、画像でやっていますが.aviの動画映像でも出来ます。


画像の表示範囲を狭める設定クリッピングでした。


編集したらどうする?YouTube!ということで、
参考になると思います。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/334-9ff53c2c