aviutlで文字を入れる。テキストの扱い。 - akitのギター部屋

aviutlで文字を入れる。テキストの扱い。




aviutlで文字、文章を入れます。

aviutlを起動して、拡張編集ウインドウを表示します。


Layerの枠で右クリック、メディアオブジェクトの追加で、テキストを左クリックします。

テキスト標準描画ウインドウが表示されます。


画像ファイルと同じく、Layerのテキストとかメインウインドウに

表示されてるテキストをダブルクリックすると

テキスト標準描画ウインドウをつけたり消したりできます。

テキスト標準描画ウインドウの一番下に

文字を書き込むところがあるので、文字を書き込みます。



テキスト標準描画ウインドウで

文字の種類、文字の並び方、文字の太さ、斜め文字、文字の色、

文字に影をつける、文字を縁取り、影と縁取りの色などを変えられます。




そのほかは、画像ファイルと同じく、ズームイン、ズームアウト、

回転、透明度、テキスト標準描画ウインドウの右上の+ボタンをクリックして

フェードイン、フェードアウトなどその他、いろいろな効果が文字、文章につけられます。



メインウインドウ内の表示で違う大きさの文字だったり、違う色だったり、

フェードイン、フェードアウト、その他などの、違う効果を付けたい場合、

画像ファイル、音声ファイルなどと同じく

1つの効果は、基本的に1つのファイルに1つしか付けられないというルールがあるので、

それぞれにテキストファイルを分けて設定します。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/322-5d7ad7b8