周波数特性MIDに凹んだ癖のあるオーバードライブ - akitのギター部屋

周波数特性MIDに凹んだ癖のあるオーバードライブ



今回、SynthEditで作った

MIDに凹んだ癖のあるオーバードライブにホワイトノイズをつないで、

フリーケンシーアナライザーで見てみました。

ホワイトノイズは、フリーVSTパックの中のmda Test Toneというのを使っています。

フリーケンシーアナライザーは、Blue Cat's FreqAnalyst を使いました。

このオーバードライブODは、標準的な使い方だと、700Hz~1Khzあたりに凹みがあります。

今回の大事なところです。高域と低域が、結構カットされています。今回苦労したところです。

写真は、このオーバードライブエフェクターにホワイトノイズを通して、

高域寄りに設定した時と低域寄りに設定した状態です。

低域寄りに思い切りするとピークが150Hzあたりになってファズっぽくなります。

高域寄りに思い切りするとピークが2.5Khzあたりになって、ハイミッドブースター的になります。

ちょっとライン臭さがありますが、出来にはある程度満足です。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/307-88bc4869