MIDに凹んだ癖のあるオーバードライブ完成 - akitのギター部屋

MIDに凹んだ癖のあるオーバードライブ完成


SynthEditで作ってた

MIDに凹んだ癖のあるオーバードライブが完成しました。

まず、見た目のノブつまみを更に変えてみました。

画像が31段階だったものを51段階にして動きをなめらかにしました。

あとKnobのセンターが銀色だったものを金色にして、作りも少し整えました。

高級感が出たと思います。

回路の説明をします。

入力から1Pole HP 1V/Octでピッチが3、もうひとつ1Pole HPをつけてピッチにKnobをつなぎます。

オートメーションでLoが0、Hiが7に設定します。

次、1Pole LPで1V/Octでピッチが9にして軽くハイカットします。

歪みに入る前にMultiplyとFixed Valuesを使って音量を6倍にします。

Multiplyのインプット2につないだFixed Valuesのプロパティーを開いて6と書きます。

GAINを調整するためにVCAをつないで、レスポンスはデシベルで、

VolumeにKnobをつなぎます。オートメーションは、そのままです。

ここから2種類の歪みを通すため、2つに分かれます。

1つ目は、MultiplyとFixed Valuesで6倍にします。

1Pole HP 1V/Octでピッチ3でローカットします。

歪みの素Waveshaper3を通してHi+5V、Lo-3の緩いカーブにします。

1つめのこのセットを直列に3つ連結します。

もう一方の方は、VCAをつないでVolumeにKnobをつなぎます。

プロパティーはデシベルで、ノブのオートメーションはそのままです。

このつまみで違う質の歪みをMIXする感じになります。

VCAのあとは、1つめの歪みのセットと同じですが、設定がちょっと違います。

Fixed Valuesが10倍、1Pole HPのピッチが2.5、Waveshaper3がHi+5、Lo-5です。こちらは連結なしで1つです。

次は、2種類の歪みを合流させます。1Pole LP 1V/Octでピッチ8.5にして少しハイカットします。

ここからトーンをいじっていきます。

2つに分かれます。

1つめは、1Pole LPを直列に2つつなぎます。1V/Octで、

この2つのLPのピッチにFixed Valuesをつないで値を4にして、ごっそり高域を削ります。

もう一方は、1Pole HPで高域を取り出します。ピッチが9です。

この高域をMultiplyとVCAとKnobで音量増幅します。

VCAのボリュームが1.7、レスポンスがLinearで、つまみのオートメーションがLoが4、

Hiが9です。このつまみはEDGEになります。

2つを1Pole HPに合流させます。ピッチは9です。

1Pole LPを3つ直列につないで、前の2つのピッチを7にして、

3つめのLPのピッチにKnobをつなぎます。オートメーションで

Loが3、Hiが6.5に設定します。これがTONEになります。

トーンで音量が下がったのでMultiplyとFixed Valuesで20倍に増幅します。

1Pole HPでピッチ2、軽くローカットします。

ここから低域を持ち上げるため2つに分かれます。1Pole LPピッチ3で低域を取り出します。

MultiplyとVCAとKnobをつないで増幅します。VCAで22倍、つまみのオートメーションで

Loが0.5、Hiが10です。このつまみがSLOスーパーローです。1Pole HPでピッチが1にして軽くローカットします。

この低域と今までの流れを合流させます。

VCAとKnobをつなぎます。レスポンスはライナーで、つまみのオートメーションはそのままです。

このつまみが最終的なLEVELになります。

で出力します。以上です。

5VMIXとLEVELを上げていくと音の輪郭がハッキリしていく感じです。

設定によって、高域がジョリジョリした感じから、低域がブリブリした感じ、

輪郭のぼやけた弱々しい歪みまでコントロールできます。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/306-48beae4d