サイクルコンピューターをシティサイクルに取り付けて走ってみた感想! - akitのギター部屋

サイクルコンピューターをシティサイクルに取り付けて走ってみた感想!

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

サイクルコンピューターをシティサイクルに取り付けて走ってみた感想!


シティサイクルにサイクルコンピューターG


だいぶ久しぶりに
自転車の
サイクルコンピューターを買ってみました。

シティサイクルにサイクルコンピューターC


何十年か前に
マウンテンバイクに取り付けて
走ってたことがあるんですが、

最近のサイクルコンピューターは、
ものすごく安い物があるんですね。

マウンテンバイクに取り付けてたものは、
エントリーモデルで、
当時4000~5000円
という感じだったと思いますが、

今回、自分が買った
サイクルコンピューターは、
1000円以下で、

実際は、送料込みで560円でした。
(値段の変動があると思います。)

こちらです。




11月5日に見たら700円になっていました。
それでも安いですね。

560円といえば、
コンビニの牛乳パック1Lで
3本分ぐらいですね。

雑誌1冊分という感じでしょうか。

560円ということで、
ワイヤレスの
サイクルコンピューターではないですが、

実際、取り付けて走ってみて、
買って良かったです。大満足です。

ということで、

シティサイクルにサイクルコンピューターを
取り付けて走ってみた感想を書いていきます。

その前に、


☆サイクルコンピューターを買ってみた理由


親も体力的に弱ってきて、
自分もそろそろ50代ということで、
健康的にも体力的にも不安になってきて、

どうにかしたい!
もうちょっと強くなりたい!

だからといって、
散歩をするとか、
近所をジョギング的に走るというのは
面倒でハードルが高い。

5年間ぐらい眠らせてた自転車でだったら
なんとなく出来そうだなと。

丸石サイクルのシティサイクル
27インチでオートライトで、
6段変速でアルミフレームの自転車。


それで、
2022年の6月あたりから、

足腰の持久力をつけるため有酸素運動。
太陽にあたってビタミンD補給のために

朝散歩感覚で朝サイクリングを
週に1~2回、

距離にして1回で
最初の頃は
2km~3kmから始めて、
最近は、
5kmから多い時で12km走ってて、

今のところ続いています。
4~5ヶ月続いてる事になります。

日の出あたり、
人通り、車通りの少ない時間、
道が空いてる時間、
交通事故が起きづらい、
危なくない時間ということで、

毎回、通る道を微妙に変えながら、
コンビニと自販機を意識しながら、

朝早く起きて自転車で走っています。

景色の変化を感じながら、
人通りの少ない道を走るのは、
気持ちいいものです。

朝散歩してる人とか、
犬の散歩してる人とか、
ジョギングしてる人とか、
夫婦らしき2人が仲良く散歩したりしてるのを
見かけます。


ですが、
現在、11月ということで、
青森県は、だんだん寒くなってきて、

日の出の時間も
6時10分あたりで遅くなり、

そろそろ、雪が降ってくる頃だなと、

人通りが少ない時間帯ですが、
更に人通りが少なくなってきました。


9月は69km、

10月は1ヶ月の合計で74km走ったんですが、

11月は、30~50kmぐらい
走れれば良いかなと思っています。


それで、
6月あたりからやってたことですが、

自転車で走る時に
スマホアプリのGoogleマップを起動して、

家に帰ってきたら、
パソコンのGoogleマップで、

自分が走った道のりを毎回確認しています。

自分が走った道のりが自動で記録される
グーグルのタイムラインを
自転車で走ったあとに見るんですが、

田舎だからなのか、
あまり精度が良くなくて、
曲がり角が丸くなってしまったり、

土手を走った時には、
道がない所を突っ切った形で記録されたり
川の中を走ったことになったり、
タイムラインの精度が良くないので、

結局は、
グーグルマップで、
「距離を測定」で
手動で距離を調べています。

それで、家を出てから
帰ってくるまでの時間と、

グーグルマップで調べた距離で、
大体、時速10kmから15km程度の
スピードで走ってるんだろうなと
推測はできるんですが、

もうちょっとはっきりさせたい。

サイクルコンピューターで、
ひとつの画面で、
時速と時計がパッと見れる物があったら
良いなと。


あと、
テレビのニュースで、
都心部だけなのか、全国的になのか、
分かりませんが、

自転車が関わる交通事故が
増えてるということで、

2022年10月の終わり頃から、
自転車の交通違反の取り締まりが厳しくなる。
というのをやっていました。

たしかに、
自分も人通りの少ない
交通事故に会いづらい時間帯に
走ってるんですが、

こっちは交通ルールを
結構、守ってるのに
何回か危ない状態になったり、
危ない場面を見かける事が何回かありました。

自分自身も
場所によっては、
道の作りが独特で、
信号の配置も独特だったりで、
ここはどうやって走ったらいいんだ?
と迷う道もあったり
(道を毎回微妙に変えてるからだと思う)
自転車でまともに走ろうとすると
結構、難しいですね。

たとえば、
自分が車道の左側の端っこを走ってて、
向こうから真正面に走ってくる
70代ぐらいの違うおばさん2回ぐらい。
(一方通行ではない道)
相手は避けようとしないので、
なんか変だなと思いながら、
自分が避けることになるとか、

自分が車道の左側の端っこを走ってて、
向こうから真正面に向かってきて、
歩道に避けようとしない
車道ランナー。
結局、自分が避けることになった。
これが2~3回ぐらい。
たぶんそれぞれ違う人。とか、

結構なスピードで、
対向車線を逆走してく
学生服を着てたので中学生か高校生。とか、

自分が車道の左側の端っこを走ってる時に
トラックに追い越されたんですが、
対向車線に車がいなかったのに
自分の自転車に
50cmも離れてないスレスレ状態で、
幅寄せするように突っ走っていったトラック。
1回。とか、

一番、危なかったのが、
五所川原市の運動公園の道を
自分が車線の左側の端を
だいたい10km程度で
ゆっくり走ってた時、
(この時はサイクルコンピューターをつけてない)
(あの道は結構凸凹してるので
 3段でゆっくり走ることが多い)

歩道から、
横断歩道でもないところから
木の陰から、
その人が、
いきなり車道に突っ込んできた時、
(その人は歩行者だったと思います。)

ぶつかるまで
50cm~1mぐらい。

ギリギリでした。

もうちょっと自分が
スピードを出してたら明らかに
ぶつかってたなということがありました。

60代ぐらいのおじさんでした。

「ごめん、ごめん、ごめん」

と自分の背後から謝られましたが、
自分は固まってしまいました。


こんな人通り、
車通りの少ない時間帯、場所で、
わざわざ自分が自転車で通るタイミングで
車道に飛び出してくるか?

なんなんだ?見えてないのか?
約190cmの体格があるのに?
確認しないのか?
当たり屋か?

木の陰で見えなかったのか?

と、家に帰ってきてからも
あれは何だったんだと、
もやもやしていました。

あれはやばい!!!


思い出しただけでも、
こんな感じで、
人通り、車通りの
少ない時間帯であっても
交通事故が起きそうだった場面が、
結構ありました。

あと、
10月8日の20時ごろに
自転車と車の交通事故があったみたいで、

目撃者を探してるというような
看板を見てしまったんですが、

家の近所でもこういう事があるんだなと
認識しました。

自転車のルールとして、
車道の左端を走るのが基本ですが、

どうしても歩道を走らなければいけない時に
歩行者があぶなくないように
5~10km程度で徐行しなければいけない
ルールがあるので、

この時に
サイクルコンピューターがあった方が、
今のスピードを確認しやすくて
良いかなと思って、

自分で出来ることはやっていこうと、

2022年10月に
サイクルコンピューターを買ってみました。



☆サイクルコンピューターの取り付け


シティサイクルにサイクルコンピューターA
一応、日本語の説明書がついてきました。

何十年も前ですが、
マウンテンバイクに
サイクルコンピューターを取り付けて
走ってた経験があるので、

取り付けは簡単でした。


初めてでも取り付けは簡単だと思います。

自分が買ったサイクルコンピューターの
内容物は、

☆サイクルコンピューター本体、

☆サイクルコンピューターの台座

☆サイクルコンピューターのセンサー読み取り部

☆前輪のスポークに付ける磁石

☆取り付けるためのストラップ6本


サイクルコンピューターを買うと
大体、どのサイクルコンピューターでも
似たような感じだと思います。


シティサイクルにサイクルコンピューターD



サイクルコンピューターは、
ワンタッチで台座から取り外す事が出来ます。

たとえば、
コンビニとかで買い物する時とかに
サイクルコンピューターを
取り外して持っていけば、
盗まれる心配がなくなります。

自転車ごと盗まれたら大問題ですが。


サイクルコンピューターの
取り付け位置ですが、

自転車は、左側通行で、
左側よりも
右側を確認しながら走る事が多いと思うので、
ハンドルの右側に取り付けました。

自分が買ったサイクルコンピューターは、
ハンドルに
サイクルコンピューターの台座を
両面テープと
ストラップ2本で止めるタイプです。

他のサイクルコンピューターであれば、
台座がプラスチックのバンドになってて
ビスで止める物もあると思います。

前にマウンテンバイクに取り付けてた
サイクルコンピューターは、
ビスで止めるタイプでした。

サイクルコンピューターの台座から伸びる
ケーブルを
前輪のブレーキケーブルに巻き付けながら
ストラップで縛って、

シティサイクルにサイクルコンピューターE

フロントフォークの左側に
サイクルコンピューターの
センサー読み取り部を
両面テープとストラップ2本で
縛って止めました。

シティサイクルにサイクルコンピューターF

スポークに取り付ける
センサーに反応させる磁石は
プラスドライバーで取り付けます。

このセンサー読み取り部ですが、
思ってたのより
結構フロントフォークの内側に
取り付ける感じです。

スポークに取り付けた磁石部分と
すれ違う時にカウントされますが、

本当にギリギリな距離で、
約1mmですれ違う感じです。

繊細な距離です。

結構ギリギリなので、
ちょっとしたことで、
磁石とセンサー部が当たったりして
事故につながるんじゃないかと
ちょっと頭によぎりましたが、

センサー部分が、
両面テープとストラップ2本で付いてて
ガチガチに付いてるわけではないので、
当たったとしても
力が逃げてくれて
事故にはつながらないなと
判断しました。

最初、取り付けて走った時に
ちゃんとセンサーに反応してなくて、

2周に1回ぐらい反応してた感じだったので、
信号待ちの時に
フロントフォークの内側に
指で更にぐいっと入れ込んだら

ちゃんと反応するようになりました。



☆サイクルコンピューターの設定


このサイクルコンピューターは、
パッと見、
ボタンが3つあるように見えますが、
実際、ボタンは2つです。

この2つのボタンだけで
設定していきます。

右ボタンがモード切り替え、

左右のボタンを長押しすると
初期状態にリセットされて、

まず、
自転車の車輪一周の長さを設定します。

自分の自転車は27インチなので、

27インチ×25.4mm×3.14で、

2153mmです。

車輪1周で、

215cm走って、
センサー読み取り部に磁石が反応して、
スピードが分かる仕組みです。

スマホアプリの電卓で計算しました。

2153と設定します。


右ボタンでカチカチと
一の桁を1ずつ上げていって、

桁を上げるときは
左ボタン。

最後はkmかマイルを右ボタンで選び
車輪の設定は終わり。

これだけでも
スピードが計測できますが、


次は時間、時計です。

右ボタンを押していくと
モードが切り替わっていきます。

時計モードにして
左ボタン長押し。

24時間か12時間か選ぶ状態になるので、
左ボタンで選び、

右ボタンを押して次に
時間を合わせます。

まず、何時かの設定、
左ボタンをカチカチ押していくと
数値が上がっていきます。

右ボタンで分の設定、
左ボタンをカチカチ押していくと
数値が上がっていって、
分が決まったら、

右ボタンを押して
時間設定の終了。

ここまでで、
自分が欲しかった状態は得られます。


他のモードもありますが、
似たような法則だと思います。

やってみてください。



☆サイクルコンピューターを取り付けて走ってみた感想


グーグルマップのタイムラインで、
走り始めと走り終わった時間が分かって、

グーグルマップで手動で、
自分が走った距離が分かるので、

いつも
だいたい時速10~15km程度で
走ってるんだろうなと
なんとなく思っていました。

実際、サイクルコンピューターをつけて
自転車で走ってみたら、

6段変速の
4段で走ってる時間が多いんですが、

疲れにくいスピードで、
いつもの感覚で、
走ってみたら17kmぐらい出ていて、

シティサイクルでも、
ちょっとだけ頑張ったら、
すぐに時速20kmぐらい出てしまうんだなと、

意外と
スピードが出てるんだなと気づきました。

スピードを出したら、
息が上がって長い距離は走れない。

ちょうど良いスピードで走れば、
長い距離が走れるということで、

自分の感覚と
実際のスピードにズレがあるということが
分かっただけでも
サイクルコンピューターを
買ってよかったと思っています。


それにしても
10月30日に7kmぐらい走ったんですが、

完全に紅葉の時期で、
珍しく通りの紅葉の写真を撮ってしまいました。


>>楽天市場でサイクルコンピューターをレビュー件数順で見る

>>Amazonでサイクルコンピューターを見る。


☆まとめ


サイクルコンピューター、
取り付けてから約50kmぐらい走りました。

逆上れば、
小学校2年ぐらいの時に
自分が生まれてから2台めに
親に買ってもらった自転車が、
中古の自転車で、

それにアナログの
スピードメーターが付いていました。

ワイヤーが回転して、
スピードが分かるということで、
ワイヤーの回転の
抵抗感が増えるということで
邪魔になって取り外したことを

サイクルコンピューターを買ってから
思い出しました。

やっぱり、
サイクルコンピューターがあった方が
走ってる時のペース配分も分かるし、

無理をしなくなるし

このスピードで息が上がるんだなとか、
このスピードで気分がよく走れるんだなとか、
今の状態が分かるので、


サイクルコンピューターを取り付けてみて
良かったです。


サイクリングが楽しくなります。


今日は、2022年11月5日ですが、
今日も6時台に
6kmぐらい走ってきたんですが、

更に寒くなってきましたね。


今日の紅葉も見事な感じでした。


サイクルコンピューターをシティサイクルに取り付けて走ってみた感想!
でした。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/2399-fb18f224