マーシャルCODE25のレビュー!実際使ってみた感想 - akitのギター部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーシャルCODE25のレビュー!実際使ってみた感想

マーシャルCODE25のレビュー!実際使ってみた感想


マーシャルCOD25A

マーシャルCODE25フットコントローラーB



マーシャルのデジタルギターアンプ

CODE25とフットコントローラーセット

2019年1月10日に楽天市場の「さくら山楽器」
注文してたんですが、

1月13日に青森県の家に届きました。

それから18日間なんとなく使ってみたんですが、

実際、マーシャルCODE25を
使ってみた感想
を書いてみます。


マーシャルCODE25が発売されてから、
2年以上も経ってるので、

他の人だったり、YouTube動画でも
いっぱい色んな人がレビューをやっていて、
自分のレビューは意味がないかなとも思ったのですが、

自分なりの感想が書けると思ったので、
書いていきます。


とりあえず、自分が買ったのは、さくら山楽器の
マーシャルCODE25とフットコントローラーのセットです。
これです。








☆なぜ?マーシャルCODE25を買ったのか?


マーシャルCODE25G
↑マーシャルCODE25


現在、ギター歴28年ぐらいです。

壊れなかったということで、
約23年ぐらい前に買ったギターアンプの
ローランドBC-60をずっと使っていましたが、

RolandのBC-60上から見た
↑ローランドBC-60はこれです。


どうやってBASSをカットしても
プレゼンス、トレブルを上げても、
なんか音がコモッてるなと思うようになって、

これはどう考えても寿命だなと思って、
高域がジャキジャキ鳴るようなギターアンプで、
お手頃価格のギターアンプはないか?と

調べていきました。

YouTube動画で他の人がマーシャルCODE25を使って、
弾いてみた動画を聴いてみたら、

自分が欲しい音だな。

更に憧れのマーシャルだな。
(ギター歴28年で初マーシャル!)

値段を見たら、
更にフットコントローラーも付いてて
約27000円。

(フットコントローラー無しだと約21000円)

マルチエフェクターを買うような感覚で買えるな。

ということで、

マーシャルCODE25を買ってみました。


マーシャルCODE25F
↑メイド・イン ベトナム製でした。

ギター関係でインドネシア製は何個か持っていますが
ベトナム製は初めてです。



☆サイズ感が6畳部屋にはピッタリ!


どのギターアンプを買おうかなと悩んでる時に、
マーシャルCODE25の上位機種の

マーシャルCODE50が値段的に6000円ぐらいしか違わないので、
CODE50も良いかなと一瞬思ったんですが、

自分は、基本的に6畳部屋でしか弾かないので、
簡単に持ち運べるマーシャルCODE25の方が、
結局、使いやすいだろうなということで、

マーシャルCODE25にしました。

実際、コンパクトで軽いです。
(今まで使ってたBC-60と比べると
 体積比で半分以下な感じで可愛いです。)

マーシャルCODE25D
(Marshallと文字が書かれてるのも気分が良い)


実際、マーシャルCODE25で、
エレキギターを鳴らしてみると

結構、音が大きくて、
マスターボリュームで、
8時の位置でちょうどよい音の大きさで、

音量を上げていったとしても
自分の部屋の中では、9時ぐらいの位置までしか
音量を上げることは無いだろうなと、
(近所迷惑になるので)

それぐらい音が大きいです。

CODE25は、25とあるように25ワットですが、

10ワットぐらいでも良いんじゃないかと
思ったぐらい、音がデカイです。

音がデカくてコンパクト。
(広い倉庫とか体育館とかで弾いたら
 どうなるんでしょうね?)

部屋にあっても邪魔になりません。



☆プリセット音を100個の音を鳴らしてみた感想


マーシャルCODE25には、
最初から音作りされた音が100個入ってるんですが、

とりあえず、ずらっと弾いてみました。

感想としては、
クリーン系の音は、
高域が鳴りやすいギターアンプということで、
音が綺麗だなと。

歪み系の音は、
ノイズゲートの設定が強すぎるみたいで、
音がブチブチ途切れるなと思いました。
(そうです。ノイズゲートも付いています。)

歪み系のプリセット音からエディットするなら
まずは、ノイズゲートを下げると良いです。

あと、歪み系では、ちょっと低域がブリブリ
ブーミーな感じだなと思いました。

このブリブリとブーミーな感じは、
Resonanceというツマミで下げることもできます。

CODE25本体の表面には
Resonanceという物理的なツマミはありませんが、

スマホアプリで操作することができます。
(本体でも操作できるが面倒です。)

低域のResonanceと高域のPresenceを
操作することができます。

ResonanceとPresenceで、
かなり広い帯域の音を調整できるなと思いました。




☆スマホアプリのマーシャルGatewayはどうか?


マーシャルGateway1


マーシャルCODE25は、
スマホアプリで操作できます。

マーシャルGatewayというアプリです。

ちょっと心配だった所といえば、
Google Playでの
マーシャルGatewayアプリ自体のレビューで、

BluetoothでギターアンプのCODEを
つなげて操作することが出来ないというような
書き込みが結構あったので、

スマホにアプリをダウンロードしたが、
実際、操作できるのかと心配していました。
(スマホと連携させることで本気の威力を発揮するので)


スマホ側でBluetooth接続して、

CODE本体のREVとPOWERを押しながら、

一回設定するとアプリを起動すると問題なく接続されて、

スマホでCODE25のいろんなつまみを
操作できるようになりました。

マーシャルGatewayアプリ4
(Bluetooth接続されるとつまみ位置の色が変わり
 左下にCODEアンプとスマホ画面のマークが表示される)


歪み系、空間系、リバーブ系、ディレイ系など、
プリアンプ、パワーアンプ、キャビネットなど、
いろいろです。

マーシャルGatewayアプリ5

マーシャルGateway3


CODE25本体のつまみなどで調整するよりも
マーシャルGatewayのアプリで
操作した方が明らかに便利です。

出来上がった音も簡単にセーブできます。

さらに
マイマーシャルに無料登録すれば、
世界中の他のCODEユーザーが作った音の設定も
簡単にダウンロードできます。


音声も接続する設定にすると
例えば、スマホのメールの着信音も
マーシャルCODE25のスピーカーから鳴ってしまうので、

スマホでCODE25のつまみを操作するだけであれば、
Bluetoothの音声を切る設定もできます。

個人的には問題なく使えました。




☆音の出方、反応はどうか?レイテンシー


YouTube動画を見てるだけでは
分からないこと。

マーシャルCODE25は、
完全デジタルギターアンプということで、

デジタルレイテンシー

音声処理の遅延が気になるという人も
いるのではないでしょうか?

このレイテンシー問題も実際どうなのかなと
気になっていました。

昔の完全デジタルのマルチエフェクターとかは、
音声処理に時間が掛かって、

音声が明らかに遅れて鳴って、
速弾きとかが弾きづらいなと思うものもありました。

それでCODE25はどうなのかな?と
気になっていたわけです。

実際弾いてみた感想としては、

CODE25に入ってる
ディストーション、コーラス、
ディレイ、リバーブなどをONにして、
弾いてみても個人的な感覚だと

レイテンシー問題は感じられませんでした。

(CODE25はギターアンプでありマルチエフェクターです。)


気持ち良い感じで弾けます。

デジタルの世界も思い切り進化した
ということだと思います。




☆結局、マーシャルJCM800の音が好き!



スマホアプリのマーシャルGatewayで、
CODE25にある

ギタープリアンプ、パワーアンプ、
キャビネットなどをコロコロ変えながら
音作りをしてみたんですが、

結局は、マーシャルJCM800になりました。

細かいことを書くと、

プリアンプがJCM800、

パワーアンプがClassic Marshall 100W

キャビネットが1960

という感じです。


今まで、ギターアンプシミュレーターとか、
マルチエフェクターとかでも、

JCM800をシミュレートした音を選ぶ傾向があったので、

なんとなく納得という感じです。


本物のマーシャルJCM800を使ったことは
無いですが、

こんな感じなんでしょうね。




☆フットコントローラーでは2種類の設定が出来る


マーシャルCODE25は
フットコントローラー付きで約27000円ということで、
本当にマルチエフェクターを買うような感覚で買えたなと
思っています。

そのフットコントローラーの
マーシャルPEDL91009

2種類の使い方が出来ます。


設定によって、

プリセット音を1、2、3に設定して

プリセット音を切り替える方法と

1、2、3に

プリエフェクト、モジュレーター、
ディレイなど、

CODE25内のエフェクター単体を
オンオフする設定と

2種類の設定ができます。


自分の場合だったら、

エフェクター単体をオンオフする感じで、
使っています。

あとは、これから、

今まで持ってるコンパクトエフェクターを
組み合わせて、セッティングしてみようと
考え中です。



☆ヘッドホンアウト、USB端子、AUX入力


ヘッドホンで音を聴いてみたんですが、
CODE25本体のスピーカーで聴いてる感じよりも
ヘッドホンの方が音が小さくなったので、
マスターボリュームをちょっと上げると
ちょうどよい感じです。

ヘッドホンの種類によってこの感じは変わると思います。

ヘッドホンを抜いた時に
そのままの状態でエレキギターを弾いて、
音がデカくてビックリ!という感じになりそうなので、

いちいちマスターボリュームを下げる癖を付けた方が
良いみたいです。

ヘッドホンで、
夜中でも思い切り弾けるので良いんじゃないでしょうか?


USB端子ですが、
USBケーブルをパソコンでつないで、
CODE25をアップデートできます。

実際にアップデートしました。

マーシャルCODE25を買った後に
家にないタイプのUSBケーブルだと気づいたので、
すぐに買いました。

USB(A)オス-USB(mini-B)オス

というタイプです。

あと、このUSBケーブルでパソコンで
音声を録音するときにも使えるみたいなので、
いつかやってみます。
(オーディオインターフェイスということか?)

USB端子に関してちょっとした不満ですが、
上向きに付いてるので、
放っておくとホコリがたまると思うので、
プラスチックのプレートでカバーを作ろうかなと
思っています。

AUX端子は個人的には使わないと思うので省略。



☆まとめ


基本的には高域がジャキジャキした
ギターアンプが欲しいという事で、

マーシャルCODE25を手に入れましたが、

実際は、いろんな音が作れる能力を持った
デジタルギターアンプでした。

マルチエフェクターだったり、
チューナーが付いてたり、
スマホで大きい液晶画面で操作できたり、

音的にも充分満足なので、
個人的には買ってよかったなと思っています。

過去にギターコンテストに何回も参加してたんですが、

いつかギター雑誌のギターコンテストとかあったら
このマーシャルCODE25で参加してみたいです。

家にマーシャルアンプがある生活。

気持ちが良いです。




マーシャルCODE25に興味のある方は確認してみてください。


>>楽天市場でマーシャルCODE25の価格を見る

>>AmazonでマーシャルCODE25の価格を見る



マーシャルCODE25のレビュー!実際使ってみた感想
でした。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/2382-63e16d40

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。