SynthEdit基礎回路 MIDIコントロール2 - akitのギター部屋

SynthEdit基礎回路 MIDIコントロール2



VSTを成型するため

新規作成でコンテナの中に、さっきVST化したものを置きます。

コンテナの中でIO ModにVST化したものを全部つなぎます。

回路と同じ場所にPATCH Automatorを置いて1回目と同じようにつないでやります。

右クリックでプロパティーを開きtrueにします。

スイッチ、Knobなどの設定をするために回路と同じ場所にコンテナを置いて、コンテナの中に、サブコントロールズのテキストエントリー3とパッチメモリーフロート3を置きます。で、ネームとテキスト、メニューアイテム同士、メニューセレクション同士をつなぎます。

このセットをスイッチ、Knobの数ぶんだけコンテナ内に置きます。IO Modにつながなくても良いです。

VST化したものを右クリックしてプロパティーを開いて全部trueにします。

一番表面のウインドウのコンテナを右クリックでPanel Editを開きます。

VSTの見た目GUIが表示されてる思います。

ウインドウをVSTの最終的に表示させたい大きさにします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/191-ce3893f6