ZOOM G3の歪みエフェクター20種類をコロコロ変えて弾いてみた動画! - akitのギター部屋

ZOOM G3の歪みエフェクター20種類をコロコロ変えて弾いてみた動画!

ZOOM G3の歪みエフェクター20種類をコロコロ変えて弾いてみた動画!


エレキギターを弾く時に
歪み具合が気持ち良いかどうか?というのが
長時間ギター弾いてられる気持ちになるために
重要な要素のひとつだと思います。


前にZOOM G3内のギターアンプシミュレーターを
コロコロ変えながら弾くというのをやりましたが、

ZOOM G3には、
オーバードライブ、ディストーション、
ファズなど
歪み系のエフェクターが20種類あります。

ギターアンプシミュレーターの時と同じように
コロコロ変えながら弾いてみました。




ZOOM G3が発売されてから約3年経ちます。
自分がZOOM G3を使い始めてから
約2年半経ちます。

2014年の今、1万円ちょっとで
マルチエフェクターを選ぶとすれば、
迷いなく、
今でもZOOM G3を選ぶと思います。

それだけ使いやすいし
好みの音が作りやすいということです。

これからZOOM G3を手に入れたい!と思ってる
あなたには参考になる動画だと思います。


☆これだけあると自分好みの音が作れる

歪み系のエフェクトが20種類あって、
聴いてもらえると分かると思いますが、
それぞれ癖があります。
G3のいろいろあるギターアンプシミュレーターとの組み合わせて
好みの音作りが出来ると思います。


☆歪みエフェクターを複数使えるので、細かく作り込める

ZOOM G3では、同じエフェクターを複数使うことが出来ます。
動画を見てもらうと分かってもらえると思いますが、
歪み系エフェクトも複数使うことが出来ます。

ギターアンプシミュレーターと
歪みエフェクター1個だけではなく、
歪み系エフェクター2個で更に微妙なニュアンスの音作りが、
細かく作り込めると思います。

ここがZOOM G3の重要な部分だと思います。

組み合わせ自由です。


ZOOM G3とG5のレビューブログをやっています。
詳しく知りたいという
興味のある方は、
こちらから

>>ZOOM G3の良さを伝えるレビューブログ


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/1726-a177f1ef