電源アダプター1個でエフェクター何個までつなげられる? - akitのギター部屋

電源アダプター1個でエフェクター何個までつなげられる?

電源アダプター1個でエフェクター何個までつなげられる?


エレキギターを弾いてる人にとって
コンパクトエフェクターは重要だと思います。

そのコンパクトエフェクターの電源を
コンパクトエフェクター1個に対して
電源アダプター(ACアダプター)1個でも良いですが、

エフェクターを何個も使ってるという人の場合、
電源アダプターだらけになって
使いにくいと思います。

見た目も良くないです。

で、

電源アダプターから分岐ケーブル
というものを使って
電源アダプター1個で、
エフェクター何個まで電源供給出来るか?

というのが気になってる人もいるかと思います。

例えば、
家にはセンターマイナスの9Vの
ZOOMの電源アダプターがありますが、
これは500mAと書かれてあります。

ZOOM電源アダプター500mA

なので500mAまでなら電源供給出来るということです。

電源アダプターによってこのmAは違います。

分岐ケーブルを使えば
電源アダプター1個で、これであれば、
500mAになるまでコンパクトエフェクターを
つなげることが出来るということです。
(実際は余裕を持ってつなげる事になるので、
 500mAギリギリというのはやらないです。)

エフェクター電源分岐ケーブル
↑自分が実際使ってる分岐ケーブルで、アイバニーズの古いやつです。

ということは、
コンパクトエフェクターのmAを知らないといけないです。


mAを知る方法は、
そのコンパクトエフェクターの説明書とか
本体に書かれてる場合もあるかもしれませんが、

例えば、
家には、BOSS OD-2Rがありますが、

インターネット検索で

「BOSS OD-2R mA」と検索すると

16mAと出てきます。


更に家にある

「HAO Rumble MOD mA」で調べてみると

こちらも16mAです。


更に家にある

「BEHRINGER SF300 mA」で調べてみると

30mAでした。


歪み系のコンパクトエフェクターだとこんな感じですが、

空間系とかだともっとmAが多いと思います。


容量の多い電源アダプター1個と
分岐ケーブルで見た目スッキリになります。


分岐ケーブルに興味のある方は、
こちらから

>>楽天市場でエフェクターの電源分岐ケーブルをレビュー件数順に見る

>>Amazonでエフェクター分岐ケーブルを見る

自分が使ってる分岐ケーブルは4個まで電源供給出来ますが、
5個までとか8個まで電源供給できる分岐ケーブルもあります。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/1643-021865b7