ベリンガーV-AMP2の音作りとMIDI設定!久しぶりに使ってみた! - akitのギター部屋

ベリンガーV-AMP2の音作りとMIDI設定!久しぶりに使ってみた!

ベリンガーV-AMP2の音作りとMIDI設定!久しぶりに使ってみた!


最近、メインで使ってたマルチエフェクターの
ZOOM G3が微妙な壊れ方をしたので、
メインのマルチエフェクターを
とりあえず、久しぶりに
元使ってたベリンガーV-AMP2にしました。

微妙な壊れ方をしたという記事です。

マルチエフェクター壊れた!微妙な壊れ方のZOOM G3


V-AMP2は、
マルチエフェクターというか
ギターアンプシミュレーターです。

ベリンガーV-AMP2どアップ

まず全面的に汚れてたので、
ウェットティッシュで汚れを拭き取って
V-AMP2に元々付いてきた
フットスイッチもウェットティッシュで
綺麗にしました。

ベリンガーV-AMP2のフットスイッチ


ZOOM G3では、MS1959を良く使ってたんですが、
V-AMP2で例えれば、

BRIT HI GAINです。

音色と歪み加減が似ています。

ちょっと中域が強めかなと思うのと
高域のジャリジャリ感が少ないかなと思うぐらいで、
弾き心地まで似ています。


V-AMP2は、ZOOM G3で言うところの
パッチ管理が、

パソコンとMIDIケーブルでMIDI接続すれば、
パソコンで音色の管理ができるんですが、

V-AMP2を最近全く使ってなかったんですが、
この機能は、
久しぶりに使ってみたら
本当に便利だなと思いました。


過去に自分が弾いて作った動画です。
参考になると思います。
管理ソフトの名前はV-AMP DESIGNです。

↑ちなみにライン録音です。エレキギターとV-AMP2だけの音です。


V-AMP2本体の音色切り替えの
AからEボタンがあるんですが、
買ってから10年も経ってるので、
ボタンが接触が悪くなってて
壊れかけてるんですが、
パソコンでMIDI接続すれば、
V-AMP2のボタン、つまみ、
チューナーボタンまで、
パソコンのマウス操作で全部コントロールできるので、
音作りの時に便利です。

フットスイッチでもAからEまで切り替えできます。

音色管理のパソコン用ソフトは、
ベリンガーのホームページでダウンロードしたものです。


V-AMP2を使ってなかった間に
同じくベリンガーのエフェクターが
4つ増えました。

ベリンガーの製品が全部で5つ家にあるということです。

他4つは、
真空管オーバードライブのベリンガーVT999

アナログディレイのベリンガーVM1

メタルディストーションのUM300

ファズのSF300です。


V-AMP2と組み合わせればいろんなことが出来そうなので、
これからいろいろやってみます。


ZOOM G3にあってV-AMP2に無いものといえば、

ルーパー、ピッチシフターとか飛び道具系のエフェクターですが、
飛び道具的なものはあまり普段使わないですが、

ルーパーはやっぱりあった方が
バッキングを弾いてソロを弾くというような
練習をする時に便利な感じがするので、
単体のルーパーがあった方が便利かなと思っています。

買おうかどうしようか考え中です。

当分、V-AMP2をメインで使っていきます。


ZOOMかどこかのメーカーから気になるマルチエフェクターが
発売されたら買おうと思っています。

V-AMP2は、それまでのつなぎです。


ベリンガーのV-AMP2は、今、売られてないですが
次の世代のV-AMP3は売られています。

V-AMP2とはちょっと違って、
V-AMP2は、フットスイッチが付いてきてたんですが、

V-AMP3は、フットスイッチの代わりに
オーディオインターフェイスが付いてきます。

ベリンガーV-AMP3に興味がある方は、
こちらから

>>楽天市場でベリンガーV-AMP3の取扱店を見る



V-AMP3もV-AMP2と同じくパソコンで音色の管理ができます。
音色管理ソフトが、
ベリンガーのホームページでダウンロードできます。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/1602-2027a5eb