クリップチューナーのモーリスCT-2を買って使ってみた感想!動画付きで説明。 - akitのギター部屋

クリップチューナーのモーリスCT-2を買って使ってみた感想!動画付きで説明。

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

クリップチューナーのモーリスCT-2を買って使ってみた感想!動画付きで説明。


ギターアンプ直でエレキギターを弾く時、
使えるチューナーがあれば便利だなと思って
モーリスのCT-2を買ってみたんですが、

実際使って見て使用感がどんな感じなのか、
動画付きで説明します。

とりあえず、動画です。




クリップチューナーの
モーリスCT-2をギターネックの頭にクリップで付けて
チューニングしてる所から始まります。

チューニングしてる時は、
ギターのボリュームは0にしてます。

チューニングが整ったら、
今度は、ギターアンプのRoland BC-60の上に
スマートフォンを乗っけて、
そのままの勢いで
ギターソロ弾きまくりです。

エレキギターとシールドケーブルとギターアンプだけです。
アンプ直です。

アンプ直は弾いてて気持ちが良いです。

エレキギターは
SCHECTER Omen Extreme FRです。

シールドケーブルは
クリップチューナーと一緒に買った
3mの安い物です。


ギターアンプのセッティングは、
イコライザーは全部FULLで、
リバーブもMAXで
歪みも一番歪んだ状態にセッティングしています。
プレゼンスは6ぐらいです。


動画も音も今回はスマートフォンで録りました。


一瞬、ギターアンプの上にスマホを載せるところで
ガタッ!と大きな音が鳴ったので、
後から編集で、
その部分だけちょっと音量を下げました。


クリップチューナーCT-2の使用感ですが、
ギターに挟んで使う物なので、
マルチエフェクターとかに付いてる
シールドケーブルをつなげて
使うようなチューナーに比べると

弦を鳴らしてチューニングしてる時の
音程が表示される時間がちょっと短い感じがしました。

エレキギターは弦が細いので
こんな感じになるんだと思います。

動画で見れるようにちゃんとチューニングは出来ます。

クリップチューナーは、
弦の振動が強めな
アコースティックギターであれば、
使いやすいのかなと思いました。

あと、クリップチューナーを使った後、
放っておくと5分ぐらいで
自動的に電源がオフになります。

節電機能が付いています。

そこからまたチューニングしたい時は、
MODEボタンを押すと
電源がオンになります。


自分はエレキギターで使っていますが、
ベース、ヴァイオリン、ウクレレ、
クロマチックでも使える物です。

クロマチック=半音階です。

振動する楽器であれば、
三味線とかにも使えるのかもしれません。


とにかく、ギターアンプ直で
チューニングができるようになったので、
とりあえず満足です。


ちなみに気をつけることと言えば、
実際クリップチューナーを買った人の
レビューの所に書かれてあったんですが、
クリップチューナーを付けっぱなしにして
ちょっと壁にエレキギターを立てかけてたら
知らない間に
エレキギターが倒れてクリップチューナーを壊してしまった!

というようなことが書かれてあったので、
そんな感じで壊す事のないように
普段は外しておくのが良いと思います。


クリップチューナーに興味がある方は、
こちらから

>>楽天市場でクリップチューナーをレビュー件数順に見る

自分は、全商品送料無料ということで
chuya-onlineで買いました。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/1592-65733e7e