久しぶりにエレキギターをローランドBC-60ギターアンプ直で弾いてみたら気持ちが良かった! - akitのギター部屋

久しぶりにエレキギターをローランドBC-60ギターアンプ直で弾いてみたら気持ちが良かった!

久しぶりにエレキギターをローランドBC-60ギターアンプ直で弾いてみたら気持ちが良かった!


普段趣味でエレキギターを弾く時というのは、
自分の場合、

エレキギターをZOOM G3マルチエフェクターにつないで、
ZOOMのオーディオインターフェイスC5.1tにつないで、
パソコンに接続して
パソコンからつながってる
パワードスピーカーで音を聴いて弾いています。

これでも結構音質的には気に入って
弾いています。


家には1台だけコンボタイプの
ギターアンプがあります。

ほとんど部屋の飾り、
エフェクター置き場みたいになっていますが、

ローランドBC60ギターアンプ

ローランドのBC-60というギターアンプです。

スピーカーが1発で、

約15年前に買ったものです。


スピーカーのカバーは、
結構早い段階でパリパリと破けたので、
自分で布切れを張っています。

トランジスターアンプですが、
真空管ぽい音が鳴るギターアンプです。


エレキギター→ローランドBC-60のアンプ直で、

イコライザー、ブースト、リバーブ、

歪みなどは全開で、

マスターボリュームは適度な感じで
エレキギターを弾いてみました。



この動画はクリップチューナーの説明のために作った動画ですが、
後半の方でローランドBC-60を使って弾きまくっています。
スマホをギターアンプの上に乗せて録音しただけなので、
音質は悪いと思いますが、雰囲気は伝わると思います。
エレキギターとBC-60を直でつないだだけの音です。


「気持ちが良い」


ギターアンプ自体が楽器みたいな感じで、
箱に響く感じが気持ちが良いです。

ZOOM G3でばかり弾いてたので、
ちょっと忘れてた感覚です。

エレキギターをブリッジミュートした状態で
ピッキング。

良い感じです。

エレキギター側のボリューム操作で、
強弱を付けてみたりして、
音にメリハリがあります。

歪みすぎてないのが良いのかもしれません。

ZOOM G3で歪ませると、どこまでも歪ませる事ができるので、
歪ませすぎてしまう所もあるんですが、

久しぶりにギターアンプで弾いてみたら
気分が良かったです。


ちょっと思ったんですが、
自分が普段ZOOM G3でエレキギターを弾いてるということは、
最近エレキギターを始めた!
というような初心者の人には、
ギターアンプを持ってない!
という人も多いのかなと思いました。

自分がエレキギターを始めた頃は、
エレキギター、ギターアンプ、チューナーを
とりあえず、買って弾いていましたが、


最近であれば、
やろうと思えば、
エレキギター→オーディオインターフェイス→
パソコンでフリーVSTなどのソフトを起動で
エレキギターを弾くこともできるので、
ギターアンプが無くてもエレキギターは弾けますが、

やっぱりギターアンプの箱が鳴る感じは、
単純に気持ちが良いです。



2015年2月12日現在、
今、ヤフオクを見たらローランドBC-60の中古が5台ありました。
自分のギターアンプとは別バージョンの
スピーカー3発の物もあります。

運が良ければ手に入るかもしれません。

ローランドBC-60に興味のある方は、こちらから

>>ヤフオクでローランド BC-60を探す!


さらについでに動画追加
ローランドBC-60を使って自分で弾いて
2015年7月28日にYouTubeにアップロードしたものです。



この動画は、ローランドBC-60のノーマルモードで、
クランチ2モードで軽い歪みで、
途中からHAO Rumble MODという
オーバードライブエフェクターを掛けた音です。

エレキギターは、
シェクターオーメンエクストリームFRで、
ハムバッカー2つのエレキギターです。

安いカラオケ用マイクで録音しました。

この動画を撮れるということは、
家のローランドBC-60は、
買ってから約20年ぐらい経っても問題なく
動いてるということです。


記事更新2015年8月23日


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/1577-ec2e2a1a