激安エレキギターPlaytechのST250を買った理由! - akitのギター部屋

激安エレキギターPlaytechのST250を買った理由!

激安エレキギターPlaytechのST250を買った理由!


楽天の購入履歴で2012年10月18日となってるので

Playtechの激安エレキギターストラトタイプST250を買ってから

7ヶ月になります。


買った時に何を考えてたかなというのを

まとめておきます。

プレイテックST250激安エレキギター
↑自分が持ってるのは
プレイテックST250メイプル指板のメタリックレッドです。


☆安すぎるエレキギター。


Playtechの激安エレキギターST250は5980円です。


自分が中学生だったころの

1ヶ月のこづかいが6000円でした。


安すぎます。


安すぎてなんかあるんじゃないかと思って、

販売してるサウンドハウスの本家のホームページの

実際買った人の口コミ情報とか見たり、

YouTubeでPlaytechのST250を使って演奏してる人の

エレキギターの音をいろいろ聴きまくったりしました。


楽天の購入ページの動画も見ました。


特にYouTubeの動画の音で、なかなか良い音だなと

思った動画がありました。


5980円だったら買っても良いと思ったキッカケです。




☆最初は、PlaytechのTL250を買う予定だった。


家にあるエレキギターには無い音色が出せる

真逆のエレキギターということで、

テレキャスタイプのTL250を最初は、

買おうかなと思っていました。


TL250は6580円です。


YouTubeの映像で見た時、

ST250かTL250かと比べた時、

弦の響き具合が、TL250の方が良かったからです。


でも、直前でストラトタイプのST250を選びました。


買う間際に、エレキギターを弾いていったら

そのうち改造したくなるだろうなと

頭をよぎりました。


テレキャスタイプだとエレキギター自体がシンプルなので

あまり改造するところも無いなとか、

自分は、イングヴェイに影響を受けてるので

いずれは、指板をスキャロップド加工がしたい!

スキャロップド加工するんだったらテレキャスでは無いな。

とか思うだろうなと思ってST250を選びました。


テレキャスタイプのTL250は

ST250を買ったあとでも安いので

気楽に買えるから良いかと思って

ST250にしました。



☆YouTubeでのネタ代わりに使ってる人を見た。


Playtechの激安エレキギターだけではないですが、

激安エレキギターでも、こんな感じに弾ける!

というような動画が結構ありました。


自分も同じようなことがやってみたい!

と思いました。


で、今、それっぽいことをやっています。



☆ストラトの形のエレキギター。


自分がエレキギターを始めた時、

1990年の16歳の頃ですが、

一番最初に買ったエレキギターというのが

フェルナンデスのミディアムスケールの

ストラトタイプのギターで、

確か、FST-50というエレキギターでした。


フロイドローズっぽいユニットが付いてて

ブリッジ部分はロックできなくて、

ナット部分だけネジでロックできる

独特な構造のエレキギターでした。


ヴァン・ヘイレンが使ってたギターみたいに

ピックガードをカットして、

ビニールテープを巻いてラッカースプレーで塗装して

リアピックアップをボディに直付けして改造したり、

イングヴェイに影響を受けてからは

ネックをスキャロップド加工してみたり、

配線を変えてみたり、今まで持ってたエレキギターで

一番改造してたものです。


そのFST-50は、今はボロボロで、

ボディとネックが残ってる状態で家にあります。

弾ける状態ではありません。


ということもあるので、

ストラトタイプの形エレキギターには、

ちょっと愛着があります。


懐かしいという感覚もあります。



☆気楽に弾けるエレキギター。


実際ST250を買った人の情報で、

ネックが太い、ボディが軽いというのを見ました。


多分、その人はネガティブな感覚で

ネックが太いと書いたと思うんですが、

自分の場合、良いな!と受け取りました。


身長が189cmあって、手も大きいので、

ネックが太いエレキギターも

持ってみたいなという気持ちがありました。


ネック太いということは、

スキャロップド加工で、指板を削った場合、

木に強さがあるので、

ネックが薄いものをスキャロップド加工したものより

ネックが反りづらいということです。


スキャロップド加工向きと受け取りました。


ボディが軽いというのも

マイナス点として書かれてたと思うんですが、

自分が普段弾いてるエレキギターは、

フロイドローズユニット付きの

エレキギターで、ちょっと重めのものなので、

ボディが軽いと、音的にどんな感じになるのか

どんな感覚になるのか興味がありました。


これも良い風に受け取りました。


実際、弾いてみるとどうかというと、

エレキギター自体が軽いので、

弾きやすいです。


ネックが握りやすいです。

持ちやすいです。


本当に楽なので2013年に入ってからは、

ほとんどST250を弾いています。


>>楽天でPlaytechのST250を見る

>>AmazonでPlaytechのST250を見る


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/1366-3004b17f