ハカランダという木材のギター! - akitのギター部屋

ハカランダという木材のギター!

ハカランダという木材のギター!


自分は、10万円以下の

安いエレキギターしか使ったことが無いので

ハカランダを使ったギターには全く縁がないですが、

気になったので、

ハカランダ」を調べてみました。


ジャカランダとも言うみたいです。

別名ブラジリアンローズウッドだそうです。


マメ科の高い木でブラジルで採れる木材です。


希少な木材なので、ワシントン条約で保護されていて

高価になってるということだそうです。


一般的なローズウッドと比べて

材質的に固くて輪郭がはっきりした音になるようです。


木目が綺麗なのが特徴だそうです。



更に調べてみました。



楽天でハカランダが使われてるギターを見てみると

エレキギター、アコースティックギター

どっちにもハカランダが使われてる物がありますが、

アコースティックギター系の方が多いようです。


エレキギターの場合、

主にギターネックの指板に使われています。

ヴィンテージギターに多いみたいです。


アコースティックギターの場合は、

ボディのサイドとバックに使われてる物があります。


クラシックギターの場合は、

駒、エレキギターでいうところのブリッジ部分に

使われてる物が多い感じです。



楽天内で調べると2013年4月29日現在、

ハカランダを使ったのアコースティックギターで

一番安いギターは、中古で49800円でした。


一番高いアコースティックが

529万2000円でした。



>楽天でハカランダ使用のギターを見る


自分でハカランダが使われたギターは、

多分、一生使うことは無いと思いますが、

とりあえず、ハカランダは、こういうものだと

覚えておきます。





関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/1341-47b8a6de