YouTubeアップロードする画面サイズの自分の考え方 - akitのギター部屋

YouTubeアップロードする画面サイズの自分の考え方

YouTubeアップロードする画面サイズの自分の考え方


YouTubeにエレキギター動画を

130本ぐらいアップロードしていますが、

アップロードする画面サイズの

自分の考え方を書きます。


まず、家のパソコンは

中古品で買った古いパソコンなので
(7年ぐらい前に販売された物)

最近販売されてるようなパソコンと比べて

性能が低いです。


なので、動画編集をするにも

時間が掛かります。


なので、

できる限り画面サイズは小さくして

動画編集に掛かる時間を短縮しています。


エレキギターの場合、映像よりも

音声の方が重要だと思ってるので

映像の方は、見てある程度確認できれば

良い。という感じです。


なので、自分がYouTubeにアップロードする

動画のサイズは、

320×240か426×240です。


それぞれ、比率が4:3と16:9です。

昔のテレビとハイビジョンの比率です。


それをブログとかに貼り付ける場合、

YouTube動画の下にある

共有、埋め込みコードをクリックすると

width="560" height="315"というような

数値が出てくると思います。


埋め込みコードをブログに貼り付けてから

表示させたい大きさに

この560とか315の数値を変えます。


自分の場合、最近だと426×240にしています。


この数値は、それぞれブログの記事エリアの

大きさが違うと思うので

そのブログに合わせた感じでやってみてください。


ブログにYouTubeを貼り付けてる人で

ブログの枠から動画がはみ出てしまってる物を

たまに見かけますが、数値を変える事によって

簡単に見栄えが良くなります。


ちなみにYouTubeのマイチャンネルです。

akit guitar channel


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/1295-2a60402e