aviutlで文字画像などを激しく光らせる方法 - akitのギター部屋

aviutlで文字画像などを激しく光らせる方法

aviutlで文字画像などを激しく光らせる方法


前にも似たような記事を書いたんですが、
普段自分がやってる方法を
今回は動画付きで書きます。

aviutlで画像テキスト文字などを
キラキラ光らせる前に、

aviutlの他に
別のフリーソフトも使います。

下処理をするということです。

別のフリーソフトは、
JTrimという画像編集ソフトです。

JTrimをダウンロードして解凍して
起動させます。

JTrimのウインドウの枠の中に
画像をドラッグアンドドロップします。

YouTube動画タイトル画像

これは、YouTube動画に良く使ってる
自分で作ったタイトル画像ですが、
エレキギターのボディ部分とか
文字の一部分とかが
キラキラ光ってると思います。

その光ってる部分は、JTrimで加工しています。

JTrimの加工という所の超新星という効果を使うと
光具合が調整出来ます。

いろんな所をキラキラ光らせる事ができます。

で、光らせたら画像ファイルを上書き保存か
名前を変えて保存します。

第一段階終了です。次は、

そのちょっと光ってる画像を
今度は、aviutlの拡張編集ウインドウ
ドラッグアンドドロップして
拡張編集ウインドウで右クリックして
フィルターオブジェクトの追加の
発光を選んで光らせたい画像の下に置きます。

aviutl激しく発光

そのフィルターを左クリックすると
光具合を調整する物が表示されると思います。

調整する物をいろいろ設定すると
こんな感じになります。激しく発光します。



明るい所に発光が良く掛かります。
発光の色も変えられます。
時間経過によって発光の強さも変えられます。
ランダムでキラキラ発光もできます。


他にもaviutlで発光させる方法はありますが、
一気に書くと混乱すると思うので、これだけを紹介しますが、
基本的には自分は、この方法でやっています。

これは、主に画像でしたが、
カッコ良いテキスト文字タイトルを作るような
フリーソフトで文字を作ってから、
今回のような事をやれば文字も発光させる事ができます。

avi動画でも発光させる事ができます。

発光は場面転換などで良く使います。
これだけでも覚えれば
結構な動画編集が出来ると思います。


ちなみにエレキギターの音声の
前半部分の弾きまくってる部分は
だいぶ前に
エレキギターとオーディオインターフェイスと
フリーVSTのオクターブファズと
フリーVSTのギターアンプと
フリーのインパルスレスポンスIR
だけで作った音で弾いたものです。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/1281-ef399769