自作VST TONE KING 完成。SynthEdit - akitのギター部屋

自作VST TONE KING 完成。SynthEdit


今回は、この前簡単に作ったドンシャリフィルターを応用したギターアンプのVSTを作りました。

トーン回路にこだわったので、

TONE KINGにしました。

回路の流れを書きます。

大きく分けて3つのパートがあって、

1.ブースター
2.プリアンプ
3.トーン回路、ボリューム回路

まず、ブースターから。

HPフィルターを直列に2つ繋いで、ローカットして、

MultiplyとVCAとボリュームを繋いで最大で120倍に音量を上げてから、非対象クリッパー回路を意識してクリッパーを通して上が+1.2V、下が-0.6Vにして、LPフィルターを2つ直列に繋いで少しハイカットしています。

次のプリアンプは、

ダウンロードしたsc:SoftDriveを通して、また、軽めにクリッパーを通して、上が3V、下が-1.8Vにしました。

次がトーン回路で

HI、MID、LOの3つに分かれていて、

HIは、HPフィルターを3つ直列に繋いで、値が7

LOは、LPフィルターを3つ直列に繋いで、値が3

それぞれ、MultiplyとVOL繋いで最大音量で10倍になるようにしています。

MIDは、ダウンロードしたバンドパスフィルターであるU-BiquadBPを使って、それに、MIDの周波数とQカーブのボリュームを付けて、VCAでMIDの音量を付けて、Inverter2に通しました。

HI、MID、LOをまとめてから、LPを2つ直列に繋いで、高周波数だけ、いじれる状態にして、これをPRESENCEにしました。

その後、VCAでマスターボリュームをつけたあと、HPフィルターを4つ直列に繋いで、超低周波だけ、いじれるようにして、スーパーローにしています。

回路は、以上です。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

https://akit1974.blog.fc2.com/tb.php/124-b0ad5b1e