akitのギター部屋

なぜAMPEROではなくAMPERO ONEを選んだのか?理由レビュー2

なぜAMPEROではなくAMPERO ONEを選んだのか?理由レビュー2


AMPERO ONEブログ記事5150



HOTONE AMPERO ONEを買って使っています。
マルチエフェクターであり
ギターアンプシミュレーターです。
物凄く音が良いです。

前回マルチエフェクターを買ってから6年、
そのマルチエフェクターが発売されてから約8年
(ZOOM G5)
8年も経てば、
デジタルの進化は
ものすごいことになってるだろうなと、

最新のギターアンプシミュレーター、
マルチエフェクターが欲しい!ということで、
いろいろ悩んで、

結局

HOTONEのAMPEROではなく
AMPERO ONEを選んで、
現在、使用中ですが、

なぜ、AMPERO ONEを選ぶことになったのか?

自分の中での
AMPERO VS AMPERO ONEの
レビューを書いていきます。



☆AMPERO VS AMPERO ONEの見た目、大きさの比較



見た目、大きさの比較という意味では、
エレキギターの
ギターバッグのポケットに入るかどうかが結構 重要でした。

エレキギターバッグを担いで
どこかに持っていってライブで弾くという習慣は無いんですが、
これから何があるかわからないので、
(AMPERO ONEを買ったのは、
 新型コロナの今の曇った雰囲気、気分を変えたいと思って、
 ある意味未来を買ったという感じです。)

ギターバッグにAMPERO ONEを入れて
持ち運ぶことがあるかもしれないということで、
HOTONE AMPERO ONEを選びました。


ちなみにサイズは、

AMPERO

320mm×147mm×46mmで1408g


AMPERO ONE

273mm×143mm×51mmで1202g


ということで、横幅が約5cm違いますが、

アイバニーズの
RGシリーズのエレキギターを買った時に付いてきた
自分のギターバッグだと、


AMPEROだとポケットにギリギリ入る感じですが、

AMPERO ONEだと余裕で入ります。

タッチスクリーン部分をタオルとかでガードして、
ギターバッグのポケットに入れれば、
安全に持ち運べると思います。

タッチスクリーンの大きさは、
AMPERO、AMPERO ONE共に同じで

4インチ800×480のタッチスクリーンです。


つまみが2つで、
フットスイッチが3つで、
見た目がシンプル、
デスクトップに置いても邪魔にならない感じ、

AMPERO VS AMPERO ONEで、

AMPERO ONEを選びました。




☆AMPERO VS AMPERO ONEの電源の違い



AMPEROは、電源アダプターが、
センターマイナス18Vで

HOTONEのホームページによると
アナログセクションが内部電圧24VDCで
ダイナミックレンジが広く、

AMPERO ONEは、電源アダプターが、
センターマイナス9Vで、
一般的なコンパクトエフェクターに使われる
電源アダプターと同じで、

アナログセクションがAMPERO ONE内部で
18VDCになってて、
ダイナミックレンジが広いということで、

電源の違いと、内部電圧の違いで、
内部的にAMPERO24Vと
AMPERO ONE18Vなので、
ダイナミックレンジ的には、
AMPEROの方が良いみたいです。

ダイナミックレンジとは、
小さい音と大きい音の音量差で、

エレキギターで言えば、
ピッキングに対する強弱の
アクセントを付けやすくなる感じでしょうか。

AMPEROの電源アダプターは18Vですが、
家には9Vの電源アダプターしかないので、

その18Vの電源アダプターが壊れた時に、
微妙に面倒なことになるなと。

AMPERO ONEで使える
9Vのセンターマイナス電源アダプターであれば、
何個も持っていて、

マルチプラグの電源アダプターも持ってるので、
やっぱり、替えがきく9V電源の
AMPERO ONEだなと

内部電圧的に24Vと18Vと違いがあっても、
18Vでも一般的なエフェクターよりは、
音が良いだろうなと、
ダイナミクスレンジが広いということで、
(普段は内部的に9Vのエフェクターを使ってる。)

電源的にもAMPERO ONEを選びました。



☆AMPERO VS AMPERO ONEの価格差



2020年8月12日現在、
楽天市場で見てみると、

AMPEROが送料込みで49500円

AMPERO ONEが送料込みで38500円

それぞれポイントが付きます。

価格差にして、約11000円

2020年の年末はPS5が発売されるので、
お金をある程度貯めておかないといけないなと
思いつつ、

金額的には、AMPERO、AMPERO ONE
どちらも買える状態でした。

例えば、AMPEROとAMPERO ONEが
同じ値段だったとしても、

どっちを選ぶかといえば、
やっぱり、AMPERO ONEを選んでたと思います。

AMPEROとAMPERO ONEの
11000円分の差額の違いの部分、
ざっくり言えば、

MIDI端子、バランスアウト端子、
つまみが3つ、フットスイッチが一つ多い、
パッチのロックボタン、
内部的に24Vなど、

個人的には、ほぼ使わないだろうなと。

やっぱり、価格的にも
AMPERO ONEを選びました。



☆AMPERO VS AMPERO ONEの音の違い


音に関係する部分として、
内部電圧が、

AMPEROが24Vで、AMPERO ONEが18V、

中身的には、
エフェクターの数、
ギターアンプのモデルの数、
スピーカーキャビネットの数、
マックスで9個同時に使えるエフェクトモジュールなど
HOTONEのホームページのデータを見る限り、
AMPERO,AMPERO ONEどちらも
ほぼ一緒、というか一緒です。

ダイナミックレンジ的には、
内部電圧が24VのAMPEROの方が良いです。

音にこだわりたい人は、
AMPEROを選んだ方が良いと思います。

個人的には、
内部電圧18Vでも充分だと思って、

YouTubeでも
AMPEROとAMPERO ONEの演奏動画で音を聴いたりして、

AMPERO ONEを選びました。



☆結局、AMPERO ONEが気に入ってしまった!



家に届いて、ダンボール箱をあけて、

パッケージをあけて

AMPERO ONEを実際、手に持った時、
今のギターアンプシミュレーターは
こんな感じになってるのか…!

想像してたのより、
構造的にガッチリしてて高級感があって、
小さくて薄いなと思いました。

AMPERO ONEにエレキギターをギターケーブルでつないで、

ヘッドホンで聴きながら
タッチスクリーンとつまみで音作り。
物凄く細かい音作りができます。

ギターアンプの種類、調整でも
だいぶいろんな個性があって、

スピーカーキャビネットをコロコロ変えても
いろんな音が作れるし、

歪み系のエフェクターも実際使える音で、

マイクの種類によっても結構音が変わるし、
(こんなに変わるんですね!)

最終的には、
マイク位置の微調整で音作りを整える感じです。

エレキギター歴30年ですが、

AMPERO ONEのヘッドフォンアウトから
ヘッドホンで直接音を聴いて、
これほど、音が良いとか、
ピッキングの反応が良いと思える機材が家にはなかったので、

AMPERO ONEを手に入れてから
結構、長時間弾くことが多くなりました。

弾いてて気持ちいいです。

好みの音がちゃんと作れるので
エレキギターに集中できる感じがします。

あと、
AMPERO ONE内のギターアンプとかエフェクターの
オリジナルの音はどんな感じなんだろうかと、
YouTubeで聴いてみたりして楽しんでいます。
(結構マニアックなエフェクターが入ってたりします。)


結局、AMPERO ONEを買ってよかったです。


それにしても
CTRLスイッチが便利です。



AMPERO ONEが気になる方は
こちらから確認してみてください。

>>楽天市場でAMPERO ONEを見る

>>AmazonでAMPERO ONEを見る。


なぜAMPEROではなくAMPERO ONEを選んだのか?理由レビュー2
でした。


スポンサーサイト



HOTONE AMPERO ONEのレビュー1 なぜ?買いたいと思ったか

HOTONE AMPERO ONEのレビュー1 なぜ?買いたいと思ったか


HOTONE AMPERO ONEブログ1


HOTONE AMPERO ONEは、
ギターアンプシミュレーターであり、
マルチエフェクターですが、

AMPERO ONEと
AMPERO SWITCHセットの物を買いました。

手に入れて、
自分でイチから音作りしてみましたが、
(タッチパネルとつまみで簡単に操作できた。)

「これは、本当に良いものを買ってしまった!」

という感じです。


ということで、
久しぶりにエレキギターの機材のレビュー、

AMPERO ONEのレビューを書いていきます。



☆今まで持ってたマルチエフェクターは8年前の物
 久しぶりに使ってみたら……。




ここ最近、最近と言っても3~4年ぐらい、
ミニサイズの
コンパクトエフェクターにこだわっていて

ミニサイズだけで7個。

VALETONのTUBE ENGINEオーバードライブとか、
MOOERのBlues Moodオーバードライブとか、

他は、BOSSのルーパーのRC-1とかを
リバーブとか、

マーシャルのデジタルアンプのCODE25につないで
遊んでいました。

Bluetoothでスマホアプリでもコントロールできる
デジタルアンプです。

小さくてもマーシャルなので、
ドンシャリな音で、ある程度は気に入って
使っています。


「なんか変化が欲しい!」


ということで、
3~4年ぐらい部屋の飾りになってた
マルチエフェクターZOOM G5

見た目はガッチリしててシルバーで
格好良いと思っています。

当時、2つ目の液晶部分の表示がおかしくなって、
使わなくなってたんですが、

久しぶりに電源を入れてみました。

なぜか、液晶部分は治っていました。
(なんでだ?)

ただし、2番めのフットスイッチの
ページボタンを押すと

3番めのエフェクタータイプが、
たまに切り替わるという
新しいバグが発生していました。
(これまたなんでだ?)

機能が複雑だと
こういうことが起こるみたいです。


早速、エレキギターをつないで
ヘッドフォンアウトからヘッドホンで聞きながら
(ヘッドフォンアウトの設定にして)
弾いてみたんですが、

今までマーシャルCODE25を使ってたからだと思うんですが、

ZOOM G5の低域が強すぎて繊細さがないなと。

G5内の
どのギターアンプシミュレーターを選んでも

どう調整しても

低域が強すぎて、
超高域がバッサリカットされたような音で、
弾き心地と、聴き心地があまり良くないなと思いました。

G5の入力の段階で
低域が入り込みすぎてるということで、

ZOOM G5の最初でイコライザーでローカットすれば、
自分好みの音には近づいていきますが、

使い続けるのは無理だなと判断しました。


G5は2012年発売で、
自分が手に入れたのが2014年です。

8年前のマルチエフェクターです。


今年は2020年。


デジタルの世界で8年間の変化と言ったら
スゴイ事になってるだろうなと。

2020年といえば、
自分の中ではエレキギター歴30年の年です。


ということで、
今の新しいマルチエフェクターを買うことにしました。



☆VALETONとHOTONEって兄弟メーカーだったの?



楽天市場とAmazonで
マルチエフェクターを検索しました。

今までの流れがあるので、
ZOOM製は避けたい、変化が欲しい。

自分が買える価格帯だと
BOSS GT-1は、
なんか見た目が安っぽい感じがあったので、
ナシ。

MOOERのマルチエフェクターは、
レビューを見ると
あまり自分好みではなさそうだということで、
却下。

いろいろ見てたら、
自分で買えそうな

VALETONのGP-100が目に付きました。
2020年6月発売です。

VALETONといえば、
ミニサイズのエフェクター4つ持ってて
オーバードライブエフェクターをよく使ってるので、
良い印象を持っていました。

説明を見ると
メーカーのHOTONEとVALETON

AMPERO&AMPERO ONEと兄弟モデルなんですね。

今回、初めて知りました。


YouTubeで、そこから10日間ぐらい


いろんなギタリストの
GP-100とAMPEROシリーズの
演奏動画を見まくることになります。

GP-100は、AMPEROの流れなので、
音が良いことは分かった。

でも

液晶部分が小さくて、
視力があまり良くない自分にとってはどうなんだと。

AMPEROとAMPERO ONEの違いは、
電源の電圧の違いはあっても
内部構造的には、ほとんど一緒で、

サイズ感的には、AMPERO ONEだったら
ギターバッグのポケットに入るサイズだなと、
(273mm×143mm×51mm)

HOTONEのホームページでダウンロードできる
AMPERO ONEの説明書を見ながら
やっぱり良さそうだ。

AMPERO ONEは2020年4月に発売されました。
新しいです。


お金はある。買える。買う!


ということで、
楽天市場の愛曲楽器バーゲンセンターに
2020年8月1日大安
楽天のポイントが3倍になった日ということもあって、
注文しました。



☆通販で中国製で名古屋市から青森県へ!


HOTONE AMPERO ONEは
メイド・イン・チャイナで中国製です。

注文して買ったのは良いですが、

最近は芸能人も感染したりして
新型コロナ感染者がものすごくて大変ですね。

愛曲楽器は愛知県名古屋市にある楽器店です。
(グーグルのストリートビューで確認)
(繁華街から5kmぐらいの距離)

愛知県では新規の新型コロナ感染者が
毎日のように100人超えしてた時に

HOTONE AMPERO ONEを注文しました。

名古屋市の繁華街でクラスターが発生したと
ニュースでも見ていました。

配達物に新型コロナウイルスが付いてたらどうする?

青森県では新型コロナに感染した人が少ないので、
今回のことによって
リアルに考えることになりました。

家には70代の親が2人。
どちらも持病がある。

調べました。

素材によって、
どのぐらい新型コロナウイルスがついてるものなのか。

自分が見た情報だと、
ヤフーニュースに書かれてたんですが、

ついてたとしたら、


ボール紙、24時間

銅、4時間

プラスチック、ステンレス、最長72時間

検出されたとありました。

時間が経てば、
ウイルスはどんどん減っていきます。


検出されたからといって、
それが感染力があるかといったらまた別の話です。

ということで、
受け取った人が感染したら大問題なので、

販売店の人とか配達の人も
ウイルス対策に思い切り気をつけてると思いますが、

一応、何があるかわからないので、
新型コロナ対策をして待っていました。

玄関に新聞紙を敷いて、
届いたら、そこに荷物をおいてもらうことにして、
(今回は代金引換で買ったので外に置きっぱはできなかった)

除菌スプレーも準備して、

洗面器に水500mlに中性洗剤を小さじ1ぐらい混ぜて
濡れタオルで拭く準備をして、

ラッシュガードを着てマスクをつけて
待っていました。
(新型コロナウイルスは脂溶性)


代金引換ということで、
ヤマト運輸の配達の人からスマホに電話連絡があって、
35000円持って待っていました。
(端数の約5000円分は楽天ポイントで支払った)

配達の人が来て、

こちらにと、
玄関の新聞紙の上にダンボール箱を置いてもらって、
代金引換の35000円を支払い、

「どうもありがとうございます」

ということで、

ヤマト運輸のトラックで帰っていきました。



早速、玄関のドアノブを除菌スプレーと
濡れタオルで消毒。

届いたダンボールに除菌スプレーを
じゃぶじゃぶに吹きかけて5分ぐらい放置。

更に薄く洗剤が染み込んだ濡れタオルで除菌してから、
外側のダンボールをゴミ袋に捨てて、

AMPERO ONEのパッケージにも
新型コロナウイルスがついてるかもしれないので、
同じく除菌。

箱からAMPERO ONEを取り出すまで
何日か待った方が良いかとも思ったんですが、

やっぱり早く音を出してみたかったので、
AMPERO ONE本体の方は精密機械で
除菌スプレーを吹きかけるわけにもいかないので、
除菌シートで、
拭きまくりました。

新型コロナウイルスがダンボール内にあったとしても、
青森県に送られてくるまでに
2日掛かって送られてきて、
家に届いてから2日、

あったとしても
時間が経てば、
ウイルスはどんどん減っていきます。

熱も症状も出てないので結果的には、
問題なかったと判断して良いと思います。



☆AMPERO ONEは音が良い!繊細な音!



前置きが、
だいぶ長くなりましたが、

ここからやっとAMPERO ONEを使ってみたレビューです。

まず、箱からAMPERO ONEを出してみて思ったことは、

金属製のボディで高級感があって、
想像してたよりも小さい。コンパクトだなと思いました。
そして薄いです。

早速、アイバニーズのエレキギターを入れる
ギターバッグのポケットに入れてみましたが、
余裕で入りました。

液晶パネル部分をタオルとかでガードすれば、
気軽にギターバッグに入れて持ち運べると思います。


右側にあるエクスプレッションペダルも小さいですね。

縦の長さが自分の足の大きさの半分ぐらいなので、

人によっては、
エクスプレッションペダルを
使いづらいと思う人もいるかもしれません。

付属の
一般的なコンパクトエフェクターで使われる
センターマイナス9Vの電源アダプターも
コンパクトです。

電源を入れると、
アニメーション?コンピューターグラフィック?で
動きがある感じで、

「AMPERO ONE」

と液晶パネルに表示されて格好良いです。


AMPEROシリーズのレビューを色々見てて、

買う前に気になってた
タッチパネル、タッチディスプレイの反応ですが、
スマホ並みにちゃんと反応します。

一回タップ、ダブルタップ、
長押し、長押しからのスライドなど、

タッチパネルとつまみで
音作りしますが、
これは使いやすいですね。

ちなみに右側のつまみでも
カツカツッとタップできるようになっています。

項目の移動と決定がつまみだけで出来るということです。

言い換えれば、タッチパネルが反応しなくなっても
つまみだけで設定出来るということです。


あと、
タッチパネルの表示で地味に良いなと思った所は、
グローバルのディスプレイの設定で、

「P01-1」とかのナンバーと
「自分でつけた名前」の表示場所を切り替える事ができます。

足元にAMPERO ONEを置いて

立った状態で自分でつけた名前が
大きめの文字で確認できるので、
分かりやすくて良いなと思いました。

上の写真の設定では「AKIT」にしましたが、

文字数は英数字で16文字までつけることができます。


HOTONEの工場で作られた
ファクトリーパッチを
エレキギターをつないでヘッドホンで聴いて
音を切り替えながら順番に弾いてみたんですが、

YouTubeで聴いてたとおり
良い音です。

実際弾いてみると、

デジタルエフェクター特有の
不自然な低域も無く、
ノイズの音も聴いてて気持ち良い感じです。

エレキギターのボリューム操作で、
音の質感も良い感じで繊細な音だなと思いました。

ピッキングに対して反応が良く、
音の強弱がつけやすいです。

高域も綺麗に鳴ってる感じです。

アナログセクションが内部で18VDCになってるということで
これが良い音に影響してるんだろうなと感じます。

弾いてて気持ち良いので、
演奏に集中しやすいギター環境になったと思います。


一つのパッチで、
フットスイッチのCTRLスイッチを踏むことによって、

一気にオーバードライブペダルと
ディレイとリバーブを加えるというようなことが出来るので、
結構、実用的だなと。


イチから音作りしてみたんですが、

今現在、気に入ってるオーバードライブが、

Swarm Driveで
FREE THE TONEのSOV-2オーバードライブを手本にした物で、

ギターアンプがマーシャル800を手本にした物で、

キャビネットがDumbell4×12で
Vintage WEMを手本にした物で音作りしています。

エレキギターのボリューム操作で
どの位置でも気持ち良い音になります。
音楽的な音です。

YouTube動画で見た
本物のDumbleアンプの
オーバードライブチャンネルような音になったと
自分では思っています。


ざっくり音作りをしてみましたが、

マイクの変更とか位置を変えるとか、
まだまだ細かい設定をしてないので、

いろいろいじれるので、
これからいろんな事ができそうで
期待感しかないです。

インパルスレスポンスIRを読み込むこともできるし、

付属のUSBケーブルでパソコンに繋げば、
AMPEROエディターで連動させて操作することもできます。


出来ることがありすぎる。


結局、思い切って買ってよかったです。

個人的にはオススメです。


AMPERO ONE良いですよ!


今から、
HOTONE AMPERO ONEの研究を始めます。



HOTONE AMPERO ONEが気になる方は
ぜひ確認してみてください。

>>楽天市場でHOTONE AMPERO ONEを見る

>>AmazonでHOTONE AMPERO ONEを見る



そういえば、AMPERO SWITCHセットを買ったのに
AMPERO SWITCHの事を書き忘れました。

AMPERO ONE本体でも、

例えば、
左側のフットスイッチを長押しすると
Bankを下げるという設定にできますが、
(他の動作にもいろいろ自分で変える事ができる)

AMPERO SWITCHがあれば、
フットスイッチ4番、5番として、
長押ししなくてもバンク切り替えすることができます。
(他の動作にもいろいろ自分で変える事ができる)

あと、細かい話ですが、

INOUT設定で、
インプットレベルを
プラスマイナス20dBの範囲で設定できます。

あと、アウトプット設定で、
左右別々にキャビネットのオンオフ設定ができます。

以上です。



HOTONE AMPERO ONEのレビュー1 なぜ?買いたいと思ったか
でした。



思い切り関連する記事

>>なぜAMPEROではなくAMPERO ONEを選んだのか?理由レビュー2



マーシャルCODE25のレビュー!実際使ってみた感想

マーシャルCODE25のレビュー!実際使ってみた感想


マーシャルCOD25A

マーシャルCODE25フットコントローラーB



マーシャルのデジタルギターアンプ

CODE25とフットコントローラーセット

2019年1月10日に楽天市場の「さくら山楽器」
注文してたんですが、

1月13日に青森県の家に届きました。

それから18日間なんとなく使ってみたんですが、

実際、マーシャルCODE25を
使ってみた感想
を書いてみます。


マーシャルCODE25が発売されてから、
2年以上も経ってるので、

他の人だったり、YouTube動画でも
いっぱい色んな人がレビューをやっていて、
自分のレビューは意味がないかなとも思ったのですが、

自分なりの感想が書けると思ったので、
書いていきます。


とりあえず、自分が買ったのは、さくら山楽器の
マーシャルCODE25とフットコントローラーのセットです。
これです。








☆なぜ?マーシャルCODE25を買ったのか?


マーシャルCODE25G
↑マーシャルCODE25


現在、ギター歴28年ぐらいです。

壊れなかったということで、
約23年ぐらい前に買ったギターアンプの
ローランドBC-60をずっと使っていましたが、

RolandのBC-60上から見た
↑ローランドBC-60はこれです。


どうやってBASSをカットしても
プレゼンス、トレブルを上げても、
なんか音がコモッてるなと思うようになって、

これはどう考えても寿命だなと思って、
高域がジャキジャキ鳴るようなギターアンプで、
お手頃価格のギターアンプはないか?と

調べていきました。

YouTube動画で他の人がマーシャルCODE25を使って、
弾いてみた動画を聴いてみたら、

自分が欲しい音だな。

更に憧れのマーシャルだな。
(ギター歴28年で初マーシャル!)

値段を見たら、
更にフットコントローラーも付いてて
約27000円。

(フットコントローラー無しだと約21000円)

マルチエフェクターを買うような感覚で買えるな。

ということで、

マーシャルCODE25を買ってみました。


マーシャルCODE25F
↑メイド・イン ベトナム製でした。

ギター関係でインドネシア製は何個か持っていますが
ベトナム製は初めてです。



☆サイズ感が6畳部屋にはピッタリ!


どのギターアンプを買おうかなと悩んでる時に、
マーシャルCODE25の上位機種の

マーシャルCODE50が値段的に6000円ぐらいしか違わないので、
CODE50も良いかなと一瞬思ったんですが、

自分は、基本的に6畳部屋でしか弾かないので、
簡単に持ち運べるマーシャルCODE25の方が、
結局、使いやすいだろうなということで、

マーシャルCODE25にしました。

実際、コンパクトで軽いです。
(今まで使ってたBC-60と比べると
 体積比で半分以下な感じで可愛いです。)

マーシャルCODE25D
(Marshallと文字が書かれてるのも気分が良い)


実際、マーシャルCODE25で、
エレキギターを鳴らしてみると

結構、音が大きくて、
マスターボリュームで、
8時の位置でちょうどよい音の大きさで、

音量を上げていったとしても
自分の部屋の中では、9時ぐらいの位置までしか
音量を上げることは無いだろうなと、
(近所迷惑になるので)

それぐらい音が大きいです。

CODE25は、25とあるように25ワットですが、

10ワットぐらいでも良いんじゃないかと
思ったぐらい、音がデカイです。

音がデカくてコンパクト。
(広い倉庫とか体育館とかで弾いたら
 どうなるんでしょうね?)

部屋にあっても邪魔になりません。



☆プリセット音を100個の音を鳴らしてみた感想


マーシャルCODE25には、
最初から音作りされた音が100個入ってるんですが、

とりあえず、ずらっと弾いてみました。

感想としては、
クリーン系の音は、
高域が鳴りやすいギターアンプということで、
音が綺麗だなと。

歪み系の音は、
ノイズゲートの設定が強すぎるみたいで、
音がブチブチ途切れるなと思いました。
(そうです。ノイズゲートも付いています。)

歪み系のプリセット音からエディットするなら
まずは、ノイズゲートを下げると良いです。

あと、歪み系では、ちょっと低域がブリブリ
ブーミーな感じだなと思いました。

このブリブリとブーミーな感じは、
Resonanceというツマミで下げることもできます。

CODE25本体の表面には
Resonanceという物理的なツマミはありませんが、

スマホアプリで操作することができます。
(本体でも操作できるが面倒です。)

低域のResonanceと高域のPresenceを
操作することができます。

ResonanceとPresenceで、
かなり広い帯域の音を調整できるなと思いました。




☆スマホアプリのマーシャルGatewayはどうか?


マーシャルGateway1


マーシャルCODE25は、
スマホアプリで操作できます。

マーシャルGatewayというアプリです。

ちょっと心配だった所といえば、
Google Playでの
マーシャルGatewayアプリ自体のレビューで、

BluetoothでギターアンプのCODEを
つなげて操作することが出来ないというような
書き込みが結構あったので、

スマホにアプリをダウンロードしたが、
実際、操作できるのかと心配していました。
(スマホと連携させることで本気の威力を発揮するので)


スマホ側でBluetooth接続して、

CODE本体のREVとPOWERを押しながら、

一回設定するとアプリを起動すると問題なく接続されて、

スマホでCODE25のいろんなつまみを
操作できるようになりました。

マーシャルGatewayアプリ4
(Bluetooth接続されるとつまみ位置の色が変わり
 左下にCODEアンプとスマホ画面のマークが表示される)


歪み系、空間系、リバーブ系、ディレイ系など、
プリアンプ、パワーアンプ、キャビネットなど、
いろいろです。

マーシャルGatewayアプリ5

マーシャルGateway3


CODE25本体のつまみなどで調整するよりも
マーシャルGatewayのアプリで
操作した方が明らかに便利です。

出来上がった音も簡単にセーブできます。

さらに
マイマーシャルに無料登録すれば、
世界中の他のCODEユーザーが作った音の設定も
簡単にダウンロードできます。


音声も接続する設定にすると
例えば、スマホのメールの着信音も
マーシャルCODE25のスピーカーから鳴ってしまうので、

スマホでCODE25のつまみを操作するだけであれば、
Bluetoothの音声を切る設定もできます。

個人的には問題なく使えました。




☆音の出方、反応はどうか?レイテンシー


YouTube動画を見てるだけでは
分からないこと。

マーシャルCODE25は、
完全デジタルギターアンプということで、

デジタルレイテンシー

音声処理の遅延が気になるという人も
いるのではないでしょうか?

このレイテンシー問題も実際どうなのかなと
気になっていました。

昔の完全デジタルのマルチエフェクターとかは、
音声処理に時間が掛かって、

音声が明らかに遅れて鳴って、
速弾きとかが弾きづらいなと思うものもありました。

それでCODE25はどうなのかな?と
気になっていたわけです。

実際弾いてみた感想としては、

CODE25に入ってる
ディストーション、コーラス、
ディレイ、リバーブなどをONにして、
弾いてみても個人的な感覚だと

レイテンシー問題は感じられませんでした。

(CODE25はギターアンプでありマルチエフェクターです。)


気持ち良い感じで弾けます。

デジタルの世界も思い切り進化した
ということだと思います。




☆結局、マーシャルJCM800の音が好き!



スマホアプリのマーシャルGatewayで、
CODE25にある

ギタープリアンプ、パワーアンプ、
キャビネットなどをコロコロ変えながら
音作りをしてみたんですが、

結局は、マーシャルJCM800になりました。

細かいことを書くと、

プリアンプがJCM800、

パワーアンプがClassic Marshall 100W

キャビネットが1960

という感じです。


今まで、ギターアンプシミュレーターとか、
マルチエフェクターとかでも、

JCM800をシミュレートした音を選ぶ傾向があったので、

なんとなく納得という感じです。


本物のマーシャルJCM800を使ったことは
無いですが、

こんな感じなんでしょうね。




☆フットコントローラーでは2種類の設定が出来る


マーシャルCODE25は
フットコントローラー付きで約27000円ということで、
本当にマルチエフェクターを買うような感覚で買えたなと
思っています。

そのフットコントローラーの
マーシャルPEDL91009

2種類の使い方が出来ます。


設定によって、

プリセット音を1、2、3に設定して

プリセット音を切り替える方法と

1、2、3に

プリエフェクト、モジュレーター、
ディレイなど、

CODE25内のエフェクター単体を
オンオフする設定と

2種類の設定ができます。


自分の場合だったら、

エフェクター単体をオンオフする感じで、
使っています。

あとは、これから、

今まで持ってるコンパクトエフェクターを
組み合わせて、セッティングしてみようと
考え中です。



☆ヘッドホンアウト、USB端子、AUX入力


ヘッドホンで音を聴いてみたんですが、
CODE25本体のスピーカーで聴いてる感じよりも
ヘッドホンの方が音が小さくなったので、
マスターボリュームをちょっと上げると
ちょうどよい感じです。

ヘッドホンの種類によってこの感じは変わると思います。

ヘッドホンを抜いた時に
そのままの状態でエレキギターを弾いて、
音がデカくてビックリ!という感じになりそうなので、

いちいちマスターボリュームを下げる癖を付けた方が
良いみたいです。

ヘッドホンで、
夜中でも思い切り弾けるので良いんじゃないでしょうか?


USB端子ですが、
USBケーブルをパソコンでつないで、
CODE25をアップデートできます。

実際にアップデートしました。

マーシャルCODE25を買った後に
家にないタイプのUSBケーブルだと気づいたので、
すぐに買いました。

USB(A)オス-USB(mini-B)オス

というタイプです。

あと、このUSBケーブルでパソコンで
音声を録音するときにも使えるみたいなので、
いつかやってみます。
(オーディオインターフェイスということか?)

USB端子に関してちょっとした不満ですが、
上向きに付いてるので、
放っておくとホコリがたまると思うので、
プラスチックのプレートでカバーを作ろうかなと
思っています。

AUX端子は個人的には使わないと思うので省略。



☆まとめ


基本的には高域がジャキジャキした
ギターアンプが欲しいという事で、

マーシャルCODE25を手に入れましたが、

実際は、いろんな音が作れる能力を持った
デジタルギターアンプでした。

マルチエフェクターだったり、
チューナーが付いてたり、
スマホで大きい液晶画面で操作できたり、

音的にも充分満足なので、
個人的には買ってよかったなと思っています。

過去にギターコンテストに何回も参加してたんですが、

いつかギター雑誌のギターコンテストとかあったら
このマーシャルCODE25で参加してみたいです。

家にマーシャルアンプがある生活。

気持ちが良いです。




マーシャルCODE25に興味のある方は確認してみてください。


>>楽天市場でマーシャルCODE25の価格を見る

>>AmazonでマーシャルCODE25の価格を見る



マーシャルCODE25のレビュー!実際使ってみた感想
でした。



マーシャル CODE25を楽天で注文してみた!選んだ理由

マーシャル CODE25を楽天で注文してみた!選んだ理由


マーシャルGateway1


小型デジタルギターアンプの
マーシャル CODE25を楽天市場で注文してみました。

Marshallのギターアンプです。

自分が注文したのは、
さくら山楽器の

マーシャル CODE25とフットコントローラーPEDL91009の
セットのこちらです。







2019年1月10日に注文して
2019年1月13日の明日、家に届く予定です。

マーシャル CODE25が届いたら
実際使ってみてレビューもこのブログで書く予定ですが、

今回は、

なぜ、マーシャル CODE25を選んで買うことになったか、
理由を書いていきます。



☆なんとなく小型のギターアンプが欲しかった。


最初は、10000円ぐらいまでの
小型ギターアンプというよりは、
更に小さいマイクロギターアンプ、
たとえば、

BlackstarのFLY3とかBOSSのKATANA AMP MINIとかが、
なんとなく数年前から気になっていました。

ですが、
YouTube動画で試奏動画を聴いてみると、

やっぱり音があまりよろしくないということで、

もうちょっとランクを上げていって、

VOX VT20X、VT40X、

マーシャル CODE25と同じ価格帯の
BOSS KATANA-50、Fender MUSTANG GT40

更にマーシャル CODE25、CODE50という感じで、
YouTube動画で聴いていったんですが、

結局、持ち運びのしやすさと、
自分好みのジャキジャキの音ということで、

マーシャル CODE25にしました。



☆今持ってるギターアンプが20年以上使ってるから


今まで使ってたギターアンプが、
たしか1995年か1996年あたりに買った
ローランドBC-60でした。

RolandのBC-60上から見た
これです。

20年以上も使ってるせいなのか、
エレキギターのせいなのか、
自分の耳が衰えてきたのか分かりませんが、

なんか、どうやってTONEをいじっても
音がこもって聴こえる感じになっていました。

音がこもってるとカッティングが気持ちよくないし、
気分も乗らないということで、

どう考えてもギターアンプの変え時だなということで、
新しいギターアンプにしてみました。

いろんなYouTube動画で聴く限り、
こもってないジャキジャキした音だったということで、

マーシャル CODE25です。



☆マーシャルだから


マーシャルの製品は、
ギター歴、約28年ですが、初めて買ってみました。

マーシャルといえば、
ジミ・ヘンドリックスだったり、
リッチー・ブラックモアだったり、
イングヴェイ・マルムスティーンだったりで、

自分好みのギタリストが使ってたり、
過去に使ってたりして、

マーシャルアンプに憧れがあります。

エレキギターをやってる人であれば、
大体ほとんどの人は、
マーシャルアンプに憧れがあると思います。

マーシャルアンプを使ってる音源をいっぱい聴いてきました。

デジタルアンプとはいえ、
そんな音に迫るマーシャルのギターアンプが、
2~3万円で買えるとなれば、

そんなに迷いませんでした。

デジタルの最先端とマーシャルの伝統を買った感じです。



☆YouTubeの試奏動画の音が良かった


マーシャル CODE25の試奏動画は、
見れるものは、ほとんど見ました。

マーシャル CODE25が2~3年前に発売されてるということで、
ただプリセットを弾いてみただけだったり、
スマホアプリの使い方だったり、
いろんな角度から試してみた動画があります。

その中の一本の動画で、
音がほとんどイングヴェイだなという試奏動画がありました。

マーシャル CODE25は、
ギターアンプだけではなく、
マルチエフェクターのようなものですが、

フェンダーストラトとマーシャル CODE25だけで、
イングヴェイのような、あの独特な音が鳴っていました。

他の試奏動画もジャキジャキした歯切れの良い音で、
これから自分が欲しい音でした。



☆スマホのアプリでコントロールできる


マーシャルGateway2

マーシャルGateway3


Marshall Gatewayというスマホアプリです。
早速、Google Playでダウンロードしました。

一番上の写真もそうですが、
ギターアンプをBluetoothで、
こんな感じで細かくアプリで操作できます。

家にマーシャル CODE25が届く前に
アプリだけいろいろいじって遊んでいます。

自分のスマホはSH-02Jというアンドロイドスマホですが、
iPhoneでもダウンロードできます。


フェンダーからも同じような価格帯の
デジタルギターアンプの
Fender MUSTANG GT40というのがありますが、
フェンダーのスマホアプリは、
自分のスマホには対応してなかったということで、

やっぱりマーシャルだなということで、

マーシャル CODE25になりました。



☆やっぱりフットコントローラーがあった方が便利


フットコントローラー付きのセットで
2万7千円ぐらいです。

安いなと思ったのでセットで買いました。

実際使うとなれば、
多分、足元でクリーン、カッティング用クランチ、
リードギターソロ用の3音色を切り替える感じになると思うのですが、

3音色×10で、30音色切り替えられるらしいので、
楽しみです。



☆いつもの流れで


自分の2大趣味といえば、
テレビゲームとエレキギターです。

年末年始で、
安くなってたということで、
正月にプレイステーションストアで、
PS4のダウンロード版の
ホライズンゼロドーンと
ドラゴンエイジインクイジションを買いました。

それで、1月9日、
フリープレイのディビジョンとスティープ。

良いものだらけです。

前からやってるFallout76と
ARKサバイバルエボルブド。

なんか渋滞しています。

という感じでテレビゲームの方に偏りまくって、
その反動で、

エレキギター。

そういえば、この時期、

2017年1月には、中古のエレキギターの
アイバニーズS970を買って、

2018年1月には、新品のエレキギターの
アイバニーズRG370を買って、

これは、今年も買う流れだなということで、

エレキギターの後は、
ギターアンプだなというということで、

あーだこーだいろいろあって、

マーシャル CODE25を買うことになりました。


毎回、エレキギター関係の物を買うと
ギター熱が上がって、
いつもより弾く感じになるので、

マーシャル CODE25が明日家に届いたら
どんな気分になるんだろうかと
楽しみです。

あと、約24時間!



☆まとめ


マーシャルで、スマホでコントロールできて、
音が良さそうで、コンパクトで持ち運びが簡単そうで、
ほとんどマルチエフェクターということで、

マーシャル CODE25を選んでみました。


こんな感じです。


マーシャル CODE25に興味のある方は確認してみてください

>>楽天市場でマーシャルCODE25の価格を見る

>>AmazonでマーシャルCODE25の価格を見る


マーシャル CODE25を楽天で注文してみた!選んだ理由
でした。


「サムのターミナルにマスターホロテープを読み込ませる」ができない?解決法Fallout76

「サムのターミナルにマスターホロテープを読み込ませる」ができない?解決法Fallout76


fallout76B


2018年11月15日の発売日当日から
PS4版のFallout76をやり始めて
現在、レベル122です。

楽しんでいます。

このレベルになるまでには、
いろんな事がありました。

Fallout76は、ミッションが進められなくなったり
アプリケーションエラーが多かったりで、
不具合が多いゲームですね。
(今までの印象。)

今まで、何回かアップデートがあって、
改善される部分もあれば、

バグが追加されたアップデートもあったりして
なんか混乱していますが、


ベセスダは大丈夫か?
ちょっと心配です。



今回のテーマの

フリーステイツのメインミッションの
COMING TO FRUITIONで、

「サムのターミナルにマスターホロテープを読み込ませる」

という所まで、約2週間ぐらい前にたどり着いてたんですが、
どうしても進められない状態になっていました。


☆サムのターミナルでマスターホロテープを読み込ませて

☆1階の他のターミナルでサム・ブラックウェルのアカウントを解除

☆また、サム・ブラックウェルの
 ターミナルでマスターホロテープを読み込ませる。

という流れらしくて、

このミッションの流れが
ベセスダのホームページにも載っていました。
(ヘルプページだったと思います。)


その通りにやってたんですが、
全く進められないまま約2週間経ちました。

20回ぐらい日を変えながらやったと思います。


それで、昨日の12月13日のPS4版Fallout76のアップデートです。


今回は、サムのミッションが進められるようになってるだろうなと
思って、早速やってみたんですが、

全く進められませんでした。


「これは、おかしい。」

「ベセスダでは認識してないのか?」

「それとも自分のやり方がおかしいのか?」


と、思って、ネット上に他の人の書き込みが無いかなと
思って、探してみたらそれらしきものがありました。



「サムのターミナルにマスターホロテープを読み込ませる」ができない?
解決法は、


ホロテープをいっぱい持ってると読み込めないことがあるので、
マスターホロテープ以外のほとんどのホロテープを
収納箱に入れてから
サムのターミナルに向かう。

というような内容でした。


簡単に言うと、

「ホロテープをスッキリさせる」ということです。


確かにFallout76をやり始めてから集めたホロテープは
体に全部持ってて、
中には、同じホロテープを何十個のものもありました。


「そんなことで、できるのか?本当か?」
と思いましたが、

他に出来そうなことがないので、


近くの駅の収納箱まで行って、
マスターホロテープと監督官のホロテープ以外のホロテープを
収納箱に入れてから、

現場に戻って
サムのターミナルにマスターホロテープを読み込ませてみました。


「えっ?」


今まで何回もやってたのが馬鹿らしくなるぐらい

スムーズに

マスターホロテープを読み込ませる事ができました。


「ホロテープをいっぱい持ってると読み込めないというバグ?」


「何じゃそりゃ?」という感じですが、


解決できました。


その後は、問題なく

COMING TO FRUITIONのミッションを
最後まで進めることができました。


解決方法が書かれてた所には、
パワーアーマーを脱いだ方が良いとも書かれていましたが、

パワーアーマーを着たままでも
ミッションを進めることができました。


「サムのターミナルにマスターホロテープを読み込ませる」ができない!

という人はやってみてください。

同じ状態の人は解決できると思います。
(これからのアップデートで改善されるかもしれませんが。)


12月13日のアップデート後、
いろいろやってみましたが、
今回のアップデートは上手く行ったみたいですね。

店で商品名の表示が早くなったり、

核が落ちた地域で、
緑色の光るデブを倒した時に
アイテムが早めに表示されるようになったり、

キャンプの保存済みのアイテムがスッキリしたり

エクスカベーターアーマーの
パワーアーマーの重量も元に戻って、
これで、伸び伸びゲームができます。

よかったです。


「サムのターミナルにマスターホロテープを読み込ませる」ができない?
解決法Fallout76

でした。